よりよい糖尿病看護を目指して

浜野 久美子 先生(関東労災病院 糖尿病・内分泌内科 部長)

よりよい糖尿病看護を目指して

慢性疾患である糖尿病では、看護へのニーズは非常に幅広く、患者さん一人ひとりに合った看護を実現するのは簡単なことではありません。そんな糖尿病看護に役立つヒントを、糖尿病治療のスペシャリストである浜野久美子先生にうかがいます。

目次

筆者プロフィール

浜野 久美子先生

浜野 久美子先生

関東労災病院 糖尿病・内分泌内科 部長

東京大学医学部卒業後、米国エール大学内分泌代謝内科、東京大学病院、NTT関東病院などで勤務。2011年より現職。

糖尿病患者さんの就労支援や遠隔診療など、患者さんの治療継続のためのシステムづくりに多く携わっておられます。

dm_topics_vol1
ここでご紹介する記事は、糖尿病リソースガイドが発行する看護師向けニュースレター『DM Topics for Nursing』(提供:三和化学研究所)に掲載されたものです。

医薬品・医療機器・検査機器

糖尿病診療・療養指導で使用される製品を一覧で掲載。情報収集・整理にお役立てください。

一覧はこちら