Vol.9 日本人は「座りすぎ」!? 運動が苦手な患者さんには、座位時間を減らす声掛けを

  • 浜野 久美子 (関東労災病院 糖尿病・内分泌内科 部長)
2022.02.22
prev next

日常生活において座位時間が長いほど、肥満や2型糖尿病、がん、心疾患などのリスクや死亡リスクが高いことが指摘されています。食事指導以上に難しい、運動指導について考えます。

 「1日何時間くらい立って過ごしていますか?」
 こんな問いかけを患者さんにしたことはありますか?Baumanらの研究結果*1によると、日本人の1日の座位時間は中央値400分を超え、なんと世界20か国中でワースト1位。他の国々と比較して日本人は座位時間が長いことが明らかになりました。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・糖尿病診療・療養指導に役立つ会員向けコンテンツ
  • ・メールマガジン週1回配信 最新ニュースやイベント・学会情報をもれなくキャッチアップ
  • ・糖尿病の治療に関するアンケートに参加可能、回答はメルマガやウェブで公開
=必須項目
半角英数記号8文字以上
当サイト利用規約

医薬品・医療機器・検査機器

糖尿病診療・療養指導で使用される製品を一覧で掲載。情報収集・整理にお役立てください。

一覧はこちら

最新特集記事

よく読まれている記事

関連情報・資料