Vol.8 糖尿病患者さんの周術期の注意点

  • 浜野 久美子 (関東労災病院 糖尿病・内分泌内科 部長)
2021.12.17
prev next

糖尿病患者さんは、糖尿病のない人に比べて手術を受ける頻度が高いといわれています。今回は、糖尿病患者さんが手術を受けることになった場合に指導しておきたいことをまとめます。

 術前術後の血糖コントロールがとても大切なことはいうまでもありません。高血糖状態は免疫力の低下を招き、術後の感染症のリスクを高めます。一度、細菌感染するとインスリン抵抗性が高まり高血糖の悪循環が生まれます。
 喫煙も術後の回復を遅らせます。喫煙習慣のある患者さんには、術後合併症予防の点でも、手術を機に禁煙を勧めたいものです。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・糖尿病診療・療養指導に役立つ会員向けコンテンツ
  • ・メールマガジン週1回配信 最新ニュースやイベント・学会情報をもれなくキャッチアップ
  • ・糖尿病の治療に関するアンケートに参加可能、回答はメルマガやウェブで公開
=必須項目
半角英数記号8文字以上
当サイト利用規約

糖尿病・内分泌プラクティスWeb 糖尿病・内分泌医療の臨床現場をリードする電子ジャーナル

神経系による腎機能の保護 インクレチン ケトアシドーシスを理解する インスリン分泌の生理学 摂食調節機構の最近のトピックス
肥満症治療薬としてのGLP-1受容体作動薬 肥満症患者の心理とスティグマ 肥満2型糖尿病を含めた代謝性疾患 肥満症治療の今後の展開
糖尿病の各薬剤を処方する時に最低限注意するポイント(経口薬) 血糖推移をみる際のポイント!~薬剤選択にどう生かすか~
2型糖尿病の第1選択薬 肥満のある2型糖尿病の経口薬 高齢2型糖尿病の経口薬 心血管疾患のある2型糖尿病の経口薬

医薬品・医療機器・検査機器

糖尿病診療・療養指導で使用される製品を一覧で掲載。情報収集・整理にお役立てください。

一覧はこちら

最新特集記事

よく読まれている記事

関連情報・資料