インスリン注入器

インスリン注入器に関する最新情報

インスリン注入器一覧

インスリンペン型注入器

カートリッジ型のインスリン製剤を使用するための専用注入器。キャップをした万年筆のような形状をしているため「ペン型」と呼ばれる。簡単な操作で注入量を調整することができ、針も細く短く設計されているため痛みも少ない。使用するインスリンカートリッジ製剤は機種によって決まっている。

インスリン注入器用注射針

インスリン専用注入器に使用する注射針。患者さんの負担を考慮し、針を細くしたり、コーティング方法などに工夫が凝らされている。また、衛生面への配慮も行き届いていて、針に触れることなく装填することができるように工夫されている。JIS T3226-2に準拠したA型専用注射針を用いれば、各機種に共通して使用できる。

インスリン専用シリンジ

インスリン投与専用の注射器。目盛りがインスリンの単位となっている、一般的な注射器よりも表示が大きく、弱視の方でも見やすく作られているなどの特徴がある。通常、キット/プレフィルド製剤、カートリッジ製剤を使用している患者さんも、故障したときなどのために予備として用意しておくことをお勧めしたい。

患者さん指導・説明用動画 (糖尿病3分間ラーニング より)

糖尿病3分間ラーニングとは?

糖尿病患者さんがマスターしておきたい糖尿病の知識を、全50タイトルの動画をテーマ別に約3分にまとめた新しいタイプの糖尿病学習用動画です。

インスリン製剤の特徴と服薬指導のポイント 加藤光敏 先生(加藤内科クリニック院長)

医薬品・医療機器・検査機器

糖尿病診療・療養指導で使用される製品を一覧で掲載。情報収集・整理にお役立てください。

一覧はこちら

関連記事

よく読まれている記事

関連情報・資料