第20回 インスリン製剤 (3)

  • 加藤 光敏 (加藤内科クリニック院長)
2015.10.15

ヒトインスリン製剤の誕生までの道のり

 前回はNPHインスリン(中間型インスリン)まで紹介しましたが、この頃のインスリンはヒトインスリンと比べ、ウシで3個、ブタで1個アミノ酸が異なり、注射部位のアレルギー反応やインスリン抗体の産生などに問題がありました。ヒトインスリンは合成出来ないので、1979年苦し紛れにブタインスリンB鎖C末端のアラニンをスレオニンに酵素転換してヒトインスリンの半合成技術に成功し、アレルギーの問題はかなり改善しました。しかし一人の糖尿病患者さんが使用するインスリンを供給するには年間70頭余りものブタが必要で、供給不足は時間の問題でした。

速効型インスリンの問題

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・糖尿病診療・療養指導に役立つ会員向けコンテンツ
  • ・メールマガジン週1回配信 最新ニュースやイベント・学会情報をもれなくキャッチアップ
  • ・糖尿病の治療に関するアンケートに参加可能、回答はメルマガやウェブで公開
=必須項目
半角英数記号8文字以上
当サイト利用規約

医薬品・医療機器・検査機器

糖尿病診療・療養指導で使用される製品を一覧で掲載。情報収集・整理にお役立てください。

一覧はこちら

関連記事

よく読まれている記事

関連情報・資料