DPP-4阻害薬

DPP-4阻害薬の特徴

食事を摂取したときに十二指腸や小腸から分泌されるいくつかのホルモンであるインクレチン。代表的なものにGLP-1 とGIP があり、いずれも血糖値が上昇するとインスリン分泌を促すほか、GLP-1 には高血糖時のグルカゴン分泌を抑える作用がある。しかし、インクレチンは体内でDPP-4 という酵素によって分解され、その効果は数分しか持続しない。
そこで、このDPP-4 の働きを妨げてインクレチンの作用を助 ける薬剤として、DPP-4 阻害薬が誕生した。

DPP-4阻害薬 一覧表

一般名:シタグリプチン

グラクティブ錠12.5mg、25mg、50mg、100mg

ono_glactiv_12.5

[12.5mg]

ono_GLACTIV25mg

[25mg]

ono_GLACTIV50mg

[50mg]

ono_GLACTIV100mg

[100mg]

PMDA/添付文書

製造販売元:小野薬品工業(株)

効能・効果
2 型糖尿病
用法・用量
通常、成人にはシタグリプチンとして50mgを1日1回経口投与する。なお、効果不十分な場合には、経過を十分に観察しながら100mg1日1回まで増量することができる。
警告・禁忌
【禁忌】(次の患者には投与しないこと)
1.本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
2.重症ケトーシス、糖尿病性昏睡又は前昏睡、1型糖尿病の患者[輸液及びインスリンによる速やかな高血糖の是正が必須となるので本剤を投与すべきでない。]
3.重症感染症、手術前後、重篤な外傷のある患者[インスリン注射による血糖管理が望まれるので本剤の投与は適さない。]

ジャヌビア錠12.5mg、25mg、50mg、100mg

ono_GLACTIV100mg

[12.5mg]

ジャヌビア錠25mg

[25mg]

ジャヌビア錠50mg

[50mg]

ジャヌビア錠100mg

[100mg]

PMDA/添付文書

製造販売元:MSD(株)

効能・効果
2 型糖尿病
用法・用量
通常、成人にはシタグリプチンとして50mgを1日1回経口投与する。なお、効果不十分な場合には、経過を十分に観察しながら100mg1日1回まで増量することができる。
警告・禁忌
【禁忌】(次の患者には投与しないこと)
1.本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
2.重症ケトーシス、糖尿病性昏睡又は前昏睡、1型糖尿病の患者[輸液及びインスリンによる速やかな高血糖の是正が必須となるので本剤を投与すべきでない。]
3.重症感染症、手術前後、重篤な外傷のある患者[インスリン注射による血糖管理が望まれるので本剤の投与は適さない。]

一般名:ビルダグリプチン

エクア錠50mg

novartis_eqa50

[50mg]

PMDA/添付文書

製造販売元:ノバルティス ファーマ(株)、販売元:大日本住友製薬(株)

効能・効果
2型糖尿病
用法・用量
通常、成人には、ビルダグリプチンとして50mgを1日2回朝、夕に経口投与する。なお、患者の状態に応じて50mgを1日1回朝に投与することができる。
警告・禁忌
【禁忌】(次の患者には投与しないこと)
1.本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
2.糖尿病性ケトアシドーシス、糖尿病性昏睡、1型糖尿病の患者[インスリンの適用である]
3.重度の肝機能障害のある患者[肝機能障害が悪化するおそれがある]
4.重症感染症、手術前後、重篤な外傷のある患者[インスリンの適用である]

一般名:アログリプチン

ネシーナ錠6.25mg、12.5mg、25mg

ネシーナ錠6.25mg

[6.25mg]

ネシーナ錠12.5mg

[12.5mg]

ネシーナ錠25mg

[25mg]

PMDA/添付文書

製造販売元:武田薬品工業(株)、販売提携:帝人ファーマ(株)

効能・効果
2型糖尿病
用法・用量
通常、成人にはアログリプチンとして25mgを1日1回経口投与する。
警告・禁忌
【禁忌】(次の患者には投与しないこと)
1.重症ケトーシス、糖尿病性昏睡又は前昏睡、1型糖尿病の患者[輸液、インスリンによる速やかな高血糖の是正が必須となるので本剤の投与は適さない。]
2.重症感染症、手術前後、重篤な外傷のある患者[インスリン注射による血糖管理が望まれるので本剤の投与は適さない。]
3.本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者

一般名:リナグリプチン

トラゼンタ錠5mg

トラゼンタ錠5mg

[5mg]

PMDA/添付文書

製造販売元:日本ベーリンガーインゲルハイム(株)

効能・効果
2型糖尿病
用法・用量
通常、成人にはリナグリプチンとして5mgを1日1回経口投与する。
警告・禁忌
【禁忌】(次の患者には投与しないこと)
1.本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
2.糖尿病性ケトアシドーシス、糖尿病性昏睡又は前昏睡、1型糖尿病の患者[輸液及びインスリンによる速やかな高血糖の是正が必須となるので本剤を投与すべきでない。]
3.重症感染症、手術前後、重篤な外傷のある患者[インスリン注射による血糖管理が望まれるので本剤の投与は適さない。]

一般名:テネリグリプチン

テネリア錠20mg、40mg

tanabemitsubishi_tnl_20

[20mg]

テネリア錠40mg

[40mg]

PMDA/添付文書

製造販売元/田辺三菱製薬(株)、販売元/第一三共(株)

効能・効果
2型糖尿病
用法・用量
通常,成人にはテネリグリプチンとして20mgを1日1回経口投与する.なお,効果不十分な場合には,経過を十分に観察しながら40mg1日1回に増量することができる.
警告・禁忌
【禁忌】(次の患者には投与しないこと)
1.本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
2.重症ケトーシス、糖尿病性昏睡又は前昏睡、1型糖尿病の患者[輸液及びインスリンによる速やかな高血糖の是正が必須となるので本剤の投与は適さない]
3.重症感染症、手術前後、重篤な外傷のある患者[インスリン注射による血糖管理が望まれるので本剤の投与は適さない]

テネリアOD錠20mg、40mg

tnl_d_0000004082

[20mg]

tnl_e_0000004083

[40mg]

PMDA/添付文書

製造販売元/田辺三菱製薬(株)、販売元/第一三共(株)

効能・効果
2型糖尿病
用法・用量
通常,成人にはテネリグリプチンとして20mgを1日1回経口投与する.なお,効果不十分な場合には,経過を十分に観察しながら40mg1日1回に増量することができる.
警告・禁忌
【禁忌】(次の患者には投与しないこと)
1.本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
2.重症ケトーシス、糖尿病性昏睡又は前昏睡、1型糖尿病の患者[輸液及びインスリンによる速やかな高血糖の是正が必須となるので本剤の投与は適さない]
3.重症感染症、手術前後、重篤な外傷のある患者[インスリン注射による血糖管理が望まれるので本剤の投与は適さない]

一般名:アナグリプチン

スイニー錠100mg

skk_suiny

[100mg]

PMDA/添付文書

製造販売元:(株)三和化学研究所、販売元:興和(株)

効能・効果
2型糖尿病
用法・用量
通常、成人にはアナグリプチンとして1回100mgを1日2回朝夕に経口投与する。なお、効果不十分な場合には、経過を十分に観察しながら1回量を200mgまで増量することができる。
警告・禁忌
【禁忌】(次の患者には投与しないこと)
1.本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
2.重症ケトーシス、糖尿病性昏睡又は前昏睡、1型糖尿病の患者[輸液及びインスリンによる速やかな高血糖の是正が必須となるので本剤の投与は適さない。]
3. 重症感染症、手術前後、重篤な外傷のある患者[インスリンによる血糖管理が望まれるので本剤の投与は適さない。]

一般名:サキサグリプチン

オングリザ錠2.5mg、5mg

オングリザ錠2.5mg

[2.5mg]

オングリザ錠5mg

[5mg]

PMDA/添付文書

製造販売元:協和キリン(株)

効能・効果
2型糖尿病
用法・用量
通常、成人にはサキサグリプチンとして5mgを1日1回経口投与する。なお、患者の状態に応じて2.5mgを1日1回経口投与することができる。
警告・禁忌
【禁忌】(次の患者には投与しないこと)
1.本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
2.重症ケトーシス、糖尿病性昏睡又は前昏睡、1型糖尿病の患者[輸液、インスリンによる速やかな高血糖の是正が必須となるので本剤を投与すべきでない。]
3.重症感染症、手術前後、重篤な外傷のある患者[インスリン注射による血糖管理が望まれるので本剤の投与は適さない。]

一般名:トレラグリプチン

ザファテック錠25mg、50mg、100mg

ザファテック錠25mg

[25mg]

ザファテック錠50mg

[50mg]

ザファテック錠100mg

[100mg]

PMDA/添付文書

製造販売元:武田薬品工業(株)、販売提携:帝人ファーマ(株)

効能・効果
2型糖尿病
用法・用量
通常、成人にはトレラグリプチンとして100mgを1週間に1回経口投与する。
警告・禁忌
【禁忌】(次の患者には投与しないこと)
1.重症ケトーシス、糖尿病性昏睡又は前昏睡、1型糖尿病の患者[輸液、インスリンによる速やかな高血糖の是正が必須となるので本剤の投与は適さない。]
2.重症感染症、手術前後、重篤な外傷のある患者[インスリン注射による血糖管理が望まれるので本剤の投与は適さない。]
3.本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者

一般名:オマリグリプチン

マリゼブ錠12.5mg、25mg

マリゼブ錠12.5mg

[12.5mg]

マリゼブ錠25mg

[25mg]

PMDA/添付文書

製造販売元:MSD(株)、販売元:キッセイ薬品工業(株)

効能・効果
2型糖尿病
用法・用量
通常、成人にはオマリグリプチンとして25mgを1週間に1回経口投与する。
警告・禁忌
【禁忌】(次の患者には投与しないこと)
1.本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
2.重症ケトーシス、糖尿病性昏睡又は前昏睡、1型糖尿病の患者[輸液及びインスリンによる速やかな高血糖の是正が必須となるので本剤を投与すべきでない。]
3.インスリン注射による血糖管理が望まれる重症感染症、手術前後、重篤な外傷のある患者[インスリン注射による血糖管理が望まれるので本剤の投与は適さない。]

患者さん指導・説明用動画(糖尿病3分間ラーニング より)

糖尿病3分間ラーニングとは?

糖尿病患者さんがマスターしておきたい糖尿病の知識を、全50タイトルの動画をテーマ別に約3分にまとめた新しいタイプの糖尿病学習用動画です。

糖尿病治療薬の特徴と服薬指導のポイント 加藤光敏 先生(加藤内科クリニック院長)

DPP-4阻害薬に関する最新情報

医薬品・医療機器・検査機器

糖尿病診療・療養指導で使用される製品を一覧で掲載。情報収集・整理にお役立てください。

一覧はこちら

関連記事

よく読まれている記事

関連情報・資料