Vol.10 「今さら?」いいえ、もう一度。インスリンの基本

  • 浜野 久美子 (関東労災病院 糖尿病・内分泌内科 部長)
2022.07.01
prev

インスリン製剤の種類は多く、それぞれに形状や規格が異なる上、新しい薬剤も登場しており、現場の周知徹底や患者さんへの指導は課題の一つではないでしょうか。インスリン製剤についてはぜひ、「今さら?」と言わず、もう一度しっかり基本をおさえましょう。

[インスリン製剤の作用時間]
 インスリン製剤は、「作用発現時間」と「作用持続時間」によって、超速効型、速効型、中間型、持効型溶解、混合型、配合溶解の6種類に分けられます〈図1〉。最近では、従来の超速効型よりもさらにインスリンの吸収速度が速い薬剤も登場しています。これらのインスリン製剤を使い分け、生理的なインスリン動態に近くなるようにインスリンを補います。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・糖尿病診療・療養指導に役立つ会員向けコンテンツ
  • ・メールマガジン週1回配信 最新ニュースやイベント・学会情報をもれなくキャッチアップ
  • ・糖尿病の治療に関するアンケートに参加可能、回答はメルマガやウェブで公開
=必須項目
半角英数記号8文字以上
当サイト利用規約

医薬品・医療機器・検査機器

糖尿病診療・療養指導で使用される製品を一覧で掲載。情報収集・整理にお役立てください。

一覧はこちら

最新特集記事

よく読まれている記事

関連情報・資料