(扉)糖尿病をもつ人への社会的スティグマに対するアドボカシー活動

2021.03.15
特集■糖尿病:社会的スティグマへのアドボカシー活動の現状―糖尿病とともに無理なく不利なく暮らせるために―
(扉)糖尿病をもつ人への社会的スティグマに対するアドボカシー活動
Vol.38 No.2(2021年3・4月号)pp.157

山田 祐一郎Yamada, Yuichiro
関西電力病院 糖尿病・内分泌代謝センター

 糖尿病患者を治療するにあたり,どのような目標を考えられているだろうか.従来,血糖などの改善を通じて,糖尿病合併症である細小血管症や大血管症の発症・進展を阻止することで,健康な人と同じ寿命あるいは健康寿命を達成することが糖尿病治療の目標とされてきた.それだけでは不十分であり,サルコペニア・フレイル・認知症・悪性腫瘍など,超高齢社会の到来に伴い増加する併存症の予防・管理もまた重要とえられるようになってきた.もうひとつ重要な課題が,糖尿病患者のスティグマ,社会的不利益,いわれなき差別の除去であると認識され,2019 年から日本糖尿病学会と日本糖尿病協会が合同のアドボカシー委員会を立ち上げた.2019 年の世界糖尿病デーに合わせた新聞広告や2020 年の第56 回全国糖尿病週間で,「偏見にNo ! 糖尿病をもつ人は,あなたと同じ社会で活躍できる人です」というポスターをご覧になった方も多いと思う.
 本特集では,この合同アドボカシー委員会にも関与していただいている方に,それぞれの立場で糖尿病診療のスティグマとは何か,それに対するアドボカシー活動のありかたを語っていただいた.社会における糖尿病に対する知識不足,誤ったイメージの拡散により,糖尿病患者は「特定の属性に対して刻まれる負の烙印=スティグマ」(社会的偏見による差別,差別されるのではないかという恐怖)に苦しんでいる.スティグマを放置すると,糖尿病であることを周囲に隠し,適切な治療の機会を失うことになり,その結果として糖尿病の重症化につながる.糖尿病の正しい理解を促進する活動を通じて,糖尿病患者が安心して社会生活を送り,人生100 年時代の日本でいきいきと過ごすことができる社会形成を目指す活動(アドボカシー活動)に,糖尿病の診療を行う医療者の皆さんにぜひ積極的に関与していただきたいと思う.

医薬品・医療機器・検査機器

糖尿病診療・療養指導で使用される製品を一覧で掲載。情報収集・整理にお役立てください。

一覧はこちら

関連記事

よく読まれている記事

関連情報・資料