調剤薬局の窓口より ~患者さんへのワンコメントを考える~

児島 悠史(薬局薬剤師・株式会社sing取締役・Fizz-DI代表)

調剤薬局の窓口より ~患者さんへのワンコメントを考える~

「患者さんから聞かれたあのとき、どう答えればよかったのだろう?」
「患者さんに指導するとき、何を考えるべき?」

薬剤師のみなさんにおいては、日々忙しい薬局業務の中で、患者さんから聞かれて困ったことや、どのように指導すべきか悩んだことはないでしょうか?

本連載では現役の薬局薬剤師が、患者さんとのやり取り、指導について押さえておきたいポイントを、具体的な事例・症例を交えて解説いたします。

※本コンテンツは有料会員向けとなります。お申し込み等の詳細はこちらをご覧ください。

目次

筆者プロフィール

児島 悠史

児島 悠史

薬局薬剤師

株式会社sing取締役、Fizz-DI代表

2011年、京都薬科大学大学院修了後、薬局薬剤師として活動。日本薬剤師会認定制度JPALSクリニカルラダー6。

「誤解や偏見から生まれる悲劇を、正しい情報提供と教育によって防ぎたい」を理念に、執筆、メディア出演・監修、教育講演などに携わる。


<主な著書>
「薬局ですぐに役立つ薬の比較と使い分け100」(羊土社)
「OTC医薬品の比較と使い分け」(羊土社)
「薬剤師のための医療情報検索テクニック」(日経メディカル開発)
「医学論文の活かし方」(金芳堂)

医薬品・医療機器・検査機器

糖尿病診療・療養指導で使用される製品を一覧で掲載。情報収集・整理にお役立てください。

一覧はこちら