第4回 運動療法、具体的に何を提案できる?患者さん個人の事情を踏まえた選択を

  • 児島 悠史 (薬局薬剤師・株式会社sing取締役・Fizz-DI代表)
2021.10.29
pharmacy004

 運動療法は、糖尿病治療の重要な柱のひとつです。糖尿病だけでなく高血圧や脂質異常症の改善にも有益で、さらに運動不足や加齢によって衰えた筋力や心肺機能の向上も期待でき、運動そのものの爽快感はQOLを高めることにもつながります。
 一方で、無理な運動はケガにつながるほか、運動による血圧上昇・心拍数増加が身体に負担をかけることもあります。そのため、運動療法を提案する際には患者さんの体力や運動能力、年齢、体重、嗜好を踏まえたうえで、その人にとって安全で最適な運動の種類や強度を見極める必要があります。

 こうした運動療法は、かかりつけの医療機関にて医師や理学療法士などが指導にあたることが基本的ではありますが、調剤薬局においても患者さんより質問されることも少なくないと思います。今回は、そんな運動療法について理解を深め、調剤薬局でもフォローができるよう、もう少し具体的な提案について考えたいと思います。

ポイント①運動療法に期待できるメリット

このコンテンツは有料会員サービスご購入後にお読みいただけます。

  • ・糖尿病プラクティスの記事や、本サイトが厳選したスペシャルコンテンツが閲覧可能
  • ・メールマガジン週1回配信 最新ニュースやイベント・学会情報をもれなくキャッチアップ
  • ・糖尿病の治療に関するアンケートに参加可能、回答はメルマガやウェブで公開
  • ・その他、有料会員向けコンテンツ・サービスを企画中!乞うご期待ください

医薬品・医療機器・検査機器

糖尿病診療・療養指導で使用される製品を一覧で掲載。情報収集・整理にお役立てください。

一覧はこちら

関連記事

よく読まれている記事

関連情報・資料