第5回 「メトホルミン」を服用中の患者から「お酒を飲んでもいいか」と尋ねられたら? ~年末年始や歓送迎会シーズンに気をつけたい、お酒との飲み合わせ~

  • 児島 悠史 (薬局薬剤師・株式会社sing取締役・Fizz-DI代表)
2021.12.09
prev next
pharmacy004

 新型コロナウイルス感染症の流行で生活様式は大きく変わりましたが、年末年始や春の歓送迎会シーズン、お盆休みなどにはやはりお酒を飲む機会は多いことでしょう。そんな飲酒量の増えるタイミングで特に気をつけたいのが、「メトホルミン」です。過度なアルコール摂取は、「メトホルミン」による乳酸アシドーシスのリスクに繋がる恐れがあるからです。

 お酒は、人によってはその人生を豊かにする重要なアイテムである可能性もあります。この時期、薬局でも「お酒を飲んで良いか?」と尋ねられる機会は増えると思いますので、その際にはしっかりとその人に寄り添った対応ができるように準備しておきましょう。

ポイント①「 メトホルミン 」と乳酸アシドーシス

このコンテンツは有料会員サービスご購入後にお読みいただけます。

  • ・糖尿病プラクティスの記事や、本サイトが厳選したスペシャルコンテンツが閲覧可能
  • ・メールマガジン週1回配信 最新ニュースやイベント・学会情報をもれなくキャッチアップ
  • ・糖尿病の治療に関するアンケートに参加可能、回答はメルマガやウェブで公開
  • ・その他、有料会員向けコンテンツ・サービスを企画中!乞うご期待ください

医薬品・医療機器・検査機器

糖尿病診療・療養指導で使用される製品を一覧で掲載。情報収集・整理にお役立てください。

一覧はこちら

最新特集記事

よく読まれている記事

関連情報・資料