第2回 災害時のためにどんな備えをしておけばよいかを尋ねられたら、どう対応する?大規模災害が頻発する日本での備え

  • 児島 悠史 (薬局薬剤師・株式会社sing取締役・Fizz-DI代表)
2021.08.24
pharmacy002

 地震、台風、大雨などの大規模災害が頻繁に起こる日本では、いつどこで大きな災害に巻き込まれてもおかしくはありません。こうした災害が起こると、ストレスや生活環境の変化などによって、特に持病のない人であっても健康状態は悪化します。慢性疾患を抱えている人では、なおさらです。
 糖尿病患者の場合も、普段は病状をうまくコントロールできている人であっても、災害時には血糖値が急変動して生命を脅かされる事態に陥ることは、珍しいことではありません。そのため、災害時のためにどんな備えが必要か、あるいはどういった支援を受けることができるのかを知っておくことは大切です。
 とりわけ、1型糖尿病患者にとってインスリン製剤の不足は生命にかかわります。医療の支援体制が整うまでの間は、手元にある薬や資材を使って自力で対応する必要があるため、日頃からある程度の薬や資材を備蓄しておく必要があります。

 みなさんは、患者さんから「災害時のためにどんな備えをしておけばいい?」と聞かれたら、どのように答えていますか?今回は、災害時に向けた備えについて考えていくうえで、押さえておきたい3つのポイント症例に応じた対応について解説していきたいと思います。

ポイント① 大規模災害時は血糖コントロールが悪化する

このコンテンツは有料会員サービスご購入後にお読みいただけます。

  • ・糖尿病プラクティスの記事や、本サイトが厳選したスペシャルコンテンツが閲覧可能
  • ・メールマガジン週1回配信 最新ニュースやイベント・学会情報をもれなくキャッチアップ
  • ・糖尿病の治療に関するアンケートに参加可能、回答はメルマガやウェブで公開
  • ・その他、有料会員向けコンテンツ・サービスを企画中!乞うご期待ください

医薬品・医療機器・検査機器

糖尿病診療・療養指導で使用される製品を一覧で掲載。情報収集・整理にお役立てください。

一覧はこちら

関連記事

よく読まれている記事

関連情報・資料