第1回 夏場のインスリン製剤、保管方法を尋ねられたときは?近年の猛暑を踏まえた対応を

  • 児島 悠史 (薬局薬剤師・株式会社sing取締役・Fizz-DI代表)
2021.07.16

 2021年も早いもので半年が過ぎ、日に日に暑さも増しております。今回は、そんな暑さ本番となる夏場のインスリン製剤の保管について解説したいと思います。

 インスリン製剤の主体はタンパク質です。そのため、低温になっても高温になっても、変性して立体構造が変化し、薬理作用が弱まってしまう可能性があります。このことから、インスリン製剤は凍結や高温を避けて保管する必要があります。このとき、未使用のインスリン製剤は冷所で保管しますが、使用中のインスリン製剤は室温で保管するのが一般的です。これは、使用中のインスリン製剤を冷所保存していると、注射の際に痛みが強くなる、結露によってダイヤルが故障するなどのトラブルの原因になるからです。

 そんなインスリン製剤ですが、「室温」での保管というのは、日本薬局方で定められた1~30℃の範囲で保管するという意味であって、春夏秋冬の気温変動に任せた部屋の温度で保管していてよい、という意味ではありません。夏場に30℃を大きく超えるような気温になることも珍しくない、近年の季候に合わせた対応をご紹介します。

ポイント①
高温環境下におけるインスリンの安定性

このコンテンツは有料会員サービスご購入後にお読みいただけます。

  • ・糖尿病プラクティスの記事や、本サイトが厳選したスペシャルコンテンツが閲覧可能
  • ・メールマガジン週1回配信 最新ニュースやイベント・学会情報をもれなくキャッチアップ
  • ・糖尿病の治療に関するアンケートに参加可能、回答はメルマガやウェブで公開
  • ・その他、有料会員向けコンテンツ・サービスを企画中!乞うご期待ください

医薬品・医療機器・検査機器

関連記事

直近1週間のアクセスランキング