血糖トレンドを活用した食事療法の可能性

  • 國枝 加誉 (とくだ内科クリニック 管理栄養士・健康食育シニアマスター)
2019.01.30

はじめに

 本来、血糖変動は波のように動くもの。これまでは自分の意志で測定する「点」しか見えませんでした。筆者自身、17歳時の糖尿病発症を機に管理栄養士となり、インスリン強化療法と血糖自己測定(以下:SMBG)で 療養を続けています。指先穿刺の痛みは元より、一連の測定の流れにかかる手間や人目を気にしてSMBGがおっくうになることもありましたが、現在はFlash Glucose Monitoring(以下:FGM)とSMBGを適時活用し良好な血糖コントロールを保っています。
機器の進化で血糖変動はかなり把握しやすくなり、今後は血糖以外の指標もモニタリングして様々な臓器への長期にわたる影響を考慮し、サルコペニアや他疾患の予防を踏まえた元気に過ごせるための生活の知恵が求められます。本稿では血糖トレンドを活かした「これからの食事療法」について述べます。

前提として

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・糖尿病診療・療養指導に役立つ会員向けコンテンツ
  • ・メールマガジン週1回配信 最新ニュースやイベント・学会情報をもれなくキャッチアップ
  • ・糖尿病の治療に関するアンケートに参加可能、回答はメルマガやウェブで公開
=必須項目
半角英数記号8文字以上
当サイト利用規約

医薬品・医療機器・検査機器

糖尿病診療・療養指導で使用される製品を一覧で掲載。情報収集・整理にお役立てください。

一覧はこちら

関連記事

よく読まれている記事

関連情報・資料