第4回 FIGARO-DKD

2022.07.10
prev
連載:STUDY 新・そこが知りたかった 糖尿病の大規模臨床試験
第4回 FIGARO-DKD
Vol.39 No.4(2022年7・8月号)pp.473-476

2022年7・8月号 目次

Pitt, B., Filippatos, G. et al. ; FIGARO-DKD Investigators : Cardiovascular Events with Finerenone in Kidney Disease and Type 2 Diabetes. N Engl J Med, 385 : 2252〜2263, 2021.

公益財団法人日本生命済生会 日本生命病院 糖尿病・内分泌センター
住谷 哲 ● Sumitani, Satoru

はじめに

 レニン・アンジオテンシン・アルドステロン(renin-angiotensin-aldosterone:RAA)系の過活性化(overactivation)が動脈硬化性心血管疾患や糖尿病性腎臓病の進展と関連していることが知られています.ACE阻害薬であるカプトプリルのCollaborative Study,ARBであるロサルタンのRENAAL試験などのRCTにおいて,腎症を合併した糖尿病患者でRA系(renin-angiotensin system:RAS)を阻害することで予後が改善されることが報告されました.しかしRAA系の最後に位置するアルドステロンを阻害することでCKDを伴う2型糖尿病患者の予後が改善するかについては,これまで明確なエビデンスはありませんでした.

このコンテンツは有料会員サービスご購入後にお読みいただけます。

  • ・糖尿病プラクティスの記事や、本サイトが厳選したスペシャルコンテンツが閲覧可能
  • ・メールマガジン週1回配信 最新ニュースやイベント・学会情報をもれなくキャッチアップ
  • ・糖尿病の治療に関するアンケートに参加可能、回答はメルマガやウェブで公開
  • ・その他、有料会員向けコンテンツ・サービスを企画中!乞うご期待ください

医薬品・医療機器・検査機器

糖尿病診療・療養指導で使用される製品を一覧で掲載。情報収集・整理にお役立てください。

一覧はこちら

最新特集記事

よく読まれている記事

関連情報・資料