第2回 壺井 栄とステロイド糖尿病 ─あなたの瞳は大丈夫?─

2022.03.15
prev
連載:SPOT 歴史人物の病を量る
第2回 壺井 栄とステロイド糖尿病 ─あなたの瞳は大丈夫?─
Vol.39 No.2(2022年3・4月号)pp.220-221

2022年3・4月号 目次

大川内幸代 Okawauchi, Sachiyo
医療法人豊田会 刈谷豊田東病院 内科

はじめに

 「二十四の瞳」などで知られる小説家・壺井 栄()は1899(明治32)年,香川県小豆島でしょうゆの樽職人の家に10人兄弟姉妹の五女として生まれた.栄が10歳のとき,蔵元が倒産し父が失職したために他家の子守などで家計を助けた.15歳からは郵便局に勤めるが,過労がたたり肋膜炎や脊椎カリエスを患い,生死の境をさまようこともあった.25歳でプロレタリア詩人であった同郷の壺井繁治と結婚して上京.夫やその友人の影響を受け38歳から作家として活動した 1)

このコンテンツは有料会員サービスご購入後にお読みいただけます。

  • ・糖尿病プラクティスの記事や、本サイトが厳選したスペシャルコンテンツが閲覧可能
  • ・メールマガジン週1回配信 最新ニュースやイベント・学会情報をもれなくキャッチアップ
  • ・糖尿病の治療に関するアンケートに参加可能、回答はメルマガやウェブで公開
  • ・その他、有料会員向けコンテンツ・サービスを企画中!乞うご期待ください

医薬品・医療機器・検査機器

糖尿病診療・療養指導で使用される製品を一覧で掲載。情報収集・整理にお役立てください。

一覧はこちら

最新特集記事

よく読まれている記事

関連情報・資料