第1回 藤原道長と糖尿病のスティグマ ─糖尿病は生活習慣病か?─

2022.01.15
next
新連載:SPOT 歴史人物の病を量る
第1回 藤原道長と糖尿病のスティグマ ─糖尿病は生活習慣病か?─
Vol.39 No.1(2022年1・2月号)pp.094-095

2022年1・2月号 目次

大川内幸代 Okawauchi, Sachiyo
医療法人豊田会 刈谷豊田東病院 内科

はじめに

 2019年国民健康・栄養調査によると「糖尿病が強く疑われる者」の割合は14.6%と2009年以降で最も高い数値となった.ここ10年をみるとその割合はほぼ一定しているが,わが国における糖尿病患者数は戦後,特に1960〜1970年代の高度成長期に患者数が100万人を突破するなど著しい増加をみせた 1).しかし,糖尿病は古くから知られていた病であり,エジプト・インド・ギリシャ・中国など紀元前の記録にも残っている 2)
 歴史上の人物にも糖尿病であったと思われるエピソードがあり,直接治療に関係する話ではないが,糖尿病教室や健康講話などの導入部・ティーブレイクに使うと反響がある.本稿では,糖尿病だった歴史人物として第15回国際糖尿病会議記念切手()にも描かれている藤原道長を紹介し,その病の背景を再考したい.

このコンテンツは糖尿病リソースガイドの有料会員登録後にお読みいただけます。

  • ・糖尿病・内分泌医療を中心に、新しい時代の臨床現場を支援する糖尿病・内分泌プラクティスWebの閲覧が可能
  • ・糖尿病プラクティス(2020~2022年・3年間分)の記事や、本サイトが厳選したスペシャルコンテンツが閲覧可能
  • ・メールマガジン週1回配信 最新ニュースやイベント・学会情報をもれなくキャッチアップ
  • ・糖尿病の治療に関するアンケートに参加可能、回答はメルマガやウェブで公開
  • ・その他、有料会員向けコンテンツ・サービスを企画中!乞うご期待ください

医薬品・医療機器・検査機器

糖尿病診療・療養指導で使用される製品を一覧で掲載。情報収集・整理にお役立てください。

一覧はこちら

最新特集記事

よく読まれている記事

関連情報・資料