コロナ禍の状況下での運動療法

2022.01.15
prev next
連載:糖尿病の療養指導Q&A コロナ禍の状況下での運動療法
コロナ禍の状況下で運動療法を維持していくうえでどのような点に留意すればよいか,その対処法やコツについて教えてください
Vol.39 No.1(2022年1・2月号)pp.096-098

2022年1・2月号 目次

慶應義塾大学スポーツ医学研究センター・大学院健康マネジメント研究科
小熊祐子 ● Oguma, Yuko

◆ 糖尿病患者と感染症

 一般的に糖尿病患者,特に血糖コントロールの悪い人では,多核好中球の遊走能・接着能・貪食能・殺菌能が低下しており,特に血糖コントロールが悪い場合に感染症が遷延し,重症化しやすいといわれています 1).COVID-19感染・発症については明確なエビデンスはまだ揃っていませんが,糖尿病患者がCOVID-19に感染した場合,その重症化に糖尿病が関連するという報告が多くあり,十分気をつける必要があります 2)
 一方そのために,不要不急の外出や移動を自粛し,活動量が低下しがちです.密閉・密集・密接の「3密」を避けるための身体的距離の確保,マスクの着用,手洗いなどの手指衛生をしっかり行ったうえで,工夫して身体活動量は保つ必要があります.長引く自粛で,患者自身が考える以上に筋力やバランス能力が低下していることもあり,まずは現状を評価し,無理をせずに運動を取り入れていくことが重要です.

このコンテンツは糖尿病リソースガイドの有料会員登録後にお読みいただけます。

  • ・糖尿病・内分泌医療を中心に、新しい時代の臨床現場を支援する糖尿病・内分泌プラクティスWebの閲覧が可能
  • ・糖尿病プラクティス(2020~2022年・3年間分)の記事や、本サイトが厳選したスペシャルコンテンツが閲覧可能
  • ・メールマガジン週1回配信 最新ニュースやイベント・学会情報をもれなくキャッチアップ
  • ・糖尿病の治療に関するアンケートに参加可能、回答はメルマガやウェブで公開
  • ・その他、有料会員向けコンテンツ・サービスを企画中!乞うご期待ください

医薬品・医療機器・検査機器

糖尿病診療・療養指導で使用される製品を一覧で掲載。情報収集・整理にお役立てください。

一覧はこちら

最新特集記事

よく読まれている記事

関連情報・資料