アルドステロン測定法の標準化

2022.01.15
prev next
連載:糖尿病の療養指導Q&A アルドステロン測定法の標準化
アルドステロンの測定法の標準化に伴って,最近その測定データが系統的な変更がありましたが,これについて,二次性耐糖能異常の原因ともなりうる原発性アルドステロン症の診断への影響も含めて教えてください
Vol.39 No.1(2022年1・2月号)pp.099-101

2022年1・2月号 目次

埼玉医科大学 内分泌・糖尿病内科
一色政志 ● Isshiki, Masashi

◆ CLEIA法

 アルドステロンは副腎球状層から分泌され,血圧・循環血液量・ナトリウムの調節を担う鉱質コルチコイドです.また過剰なアルドステロン分泌によって引き起こされる原発性アルドステロン症(PA)は高血圧患者の約5%を占める代表的な二次性高血圧として知られます.PAのスクリーニングおよび診断のためには,血漿アルドステロン濃度(PAC)の測定が必須です.
 従来,PAC測定に用いられていたRIA(radioimmunoassay,放射免疫測定)法は2021年4月以降発売中止となり,アイソトープを使用しないCLEIA(chemiluminescent enzyme immunoassay,化学発光酵素免疫測定)法に変更となりました.アルドステロンに対するより特異的なモノクローナル抗体を用いたCLEIA法はアルドステロンの標準物質との定量性が確認されており,かつ真の値に最も近似するLC-MS/MS(液体クロマトグラフィー質量分析法)とも良好な相関を示します.

このコンテンツは糖尿病リソースガイドの有料会員登録後にお読みいただけます。

  • ・糖尿病・内分泌医療を中心に、新しい時代の臨床現場を支援する糖尿病・内分泌プラクティスWebの閲覧が可能
  • ・糖尿病プラクティス(2020~2022年・3年間分)の記事や、本サイトが厳選したスペシャルコンテンツが閲覧可能
  • ・メールマガジン週1回配信 最新ニュースやイベント・学会情報をもれなくキャッチアップ
  • ・糖尿病の治療に関するアンケートに参加可能、回答はメルマガやウェブで公開
  • ・その他、有料会員向けコンテンツ・サービスを企画中!乞うご期待ください

医薬品・医療機器・検査機器

糖尿病診療・療養指導で使用される製品を一覧で掲載。情報収集・整理にお役立てください。

一覧はこちら

最新特集記事

よく読まれている記事

関連情報・資料