新しい高血圧治療ガイドライン(JSH2019)

2021.11.15
連載:糖尿病の療養指導Q&A 新しい高血圧治療ガイドライン(JSH2019)
新しい高血圧治療ガイドライン(JSH2019)が発刊されてから2年以上が経過しました.現時点でガイドラインが実地診療にどのように生かされているか,また,今回のガイドラインの改訂が糖尿病診療に及ぼした変化や,新しいガイドラインをふまえた療養指導のありかたについて教えてください
Vol.38 No.6(2021年11・12月号)pp.733-735

2021年11・12月号 目次

埼玉医科大学 内分泌・糖尿病内科
一色政志 ● Isshiki, Masashi

はじめに

 約5年おきに改訂されてきた高血圧治療ガイドラインの最新版 JSH2019 1)が,2019年の早春に日本高血圧学会により発行されました.糖尿病診療に関わる主な変更点は,①糖尿病合併高血圧に対する第一選択薬の修正,②高齢糖尿病患者に対する降圧目標の変更,③血圧値140/90mmHg未満の血圧レベル分類と呼称の変更,④高値血圧に対して降圧薬開始までの猶予期間の短縮,以上の4点です.特に①と②については実臨床に大きく関わる変化であるといえるでしょう.

このコンテンツは有料会員サービスご購入後にお読みいただけます。

  • ・糖尿病プラクティスの記事や、本サイトが厳選したスペシャルコンテンツが閲覧可能
  • ・メールマガジン週1回配信 最新ニュースやイベント・学会情報をもれなくキャッチアップ
  • ・糖尿病の治療に関するアンケートに参加可能、回答はメルマガやウェブで公開
  • ・その他、有料会員向けコンテンツ・サービスを企画中!乞うご期待ください

医薬品・医療機器・検査機器

糖尿病診療・療養指導で使用される製品を一覧で掲載。情報収集・整理にお役立てください。

一覧はこちら

最新特集記事

よく読まれている記事

関連情報・資料