6.高齢者糖尿病におけるmultimorbidity

2022.01.15
prev next
特集■高齢者糖尿病診療 Update
─「高齢者糖尿病治療ガイド 2021」を読み解く─
6.高齢者糖尿病におけるmultimorbidity
Vol.39 No.1(2022年1・2月号)pp.049-055

2022年1・2月号 目次

杉本 研 Sugimoto, Ken
川崎医科大学 総合老年医学

はじめに

 細小血管症や大血管症以外の合併症,併存症についても,糖尿病の場合には特別な注意を要する場合がある.特に高齢糖尿病患者においては,認知症・フレイル・サルコペニアなどの老年症候群,骨粗鬆症・骨折,心不全,悪性腫瘍,咀嚼・嚥下機能低下,うつなどを併発し,容易に多疾患併存状態(multimorbidity)になりやすいため注意が必要である(図11)
 本稿ではこれらのうち,フレイル・サルコペニア,骨粗鬆症・骨折,心不全,悪性腫瘍,感染症における注意点,multimorbidityの定義とその対策について簡潔に述べる.

このコンテンツは有料会員サービスご購入後にお読みいただけます。

  • ・糖尿病プラクティスの記事や、本サイトが厳選したスペシャルコンテンツが閲覧可能
  • ・メールマガジン週1回配信 最新ニュースやイベント・学会情報をもれなくキャッチアップ
  • ・糖尿病の治療に関するアンケートに参加可能、回答はメルマガやウェブで公開
  • ・その他、有料会員向けコンテンツ・サービスを企画中!乞うご期待ください

医薬品・医療機器・検査機器

糖尿病診療・療養指導で使用される製品を一覧で掲載。情報収集・整理にお役立てください。

一覧はこちら

最新特集記事

よく読まれている記事

関連情報・資料