グルカゴンの現在と未来

2022.05.15
prev next
連載:FORUM 病因と診断 ■ PATHOGENESIS&DIAGNOSIS 第3回
グルカゴンの現在と未来
Vol.39 No.3(2022年5・6月号)pp.303-306

2022年5・6月号 目次

藤本 啓* 1 Fujimoto, Kei
本澤訓聖* 2 Honzawa, Norikiyo
西村理明* 2 Nishimura, Rimei
* 1 東京慈恵会医科大学附属第三病院 糖尿病・代謝・内分泌内科
* 2 東京慈恵会医科大学 糖尿病・代謝・内分泌内科

はじめに

 第1 回は,グルカゴンの歴史・構造や生理的なはたらきについて,第2 回は,グルカゴン分泌機序を細胞・膵島および個体レベルで概説した.最終回となる第3回は,グルカゴンが医療の現場でどのように使用され,また,今後使用されていくのかについて考えてみたい.近未来に関しては,現在実施中の研究,そして遠い未来の希望のひとつとして,わたしたちが行っている研究について紹介したい.よって,多分に私見が含まれることをご了承願いたい.

このコンテンツは有料会員サービスご購入後にお読みいただけます。

  • ・糖尿病プラクティスの記事や、本サイトが厳選したスペシャルコンテンツが閲覧可能
  • ・メールマガジン週1回配信 最新ニュースやイベント・学会情報をもれなくキャッチアップ
  • ・糖尿病の治療に関するアンケートに参加可能、回答はメルマガやウェブで公開
  • ・その他、有料会員向けコンテンツ・サービスを企画中!乞うご期待ください

医薬品・医療機器・検査機器

糖尿病診療・療養指導で使用される製品を一覧で掲載。情報収集・整理にお役立てください。

一覧はこちら

最新特集記事

よく読まれている記事

関連情報・資料