第32回 高齢者糖尿病診療の特徴と注意点(6)〈インスリン療法-1〉

  • 加藤 光敏 (加藤内科クリニック院長)
2018.10.17

はじめに

 近年、高齢者にも副作用をあまり心配すること無く使用できる薬剤が増えてきました。高齢者としてイメージしているのは70歳以上です。確かに、高齢者が長年服用している治療薬でコントロールが良好なら、治療法を変更しない方が良いことを経験します。
 まずは服薬および生活状況を確認しなければなりませんが、服用薬剤が次第に増えていくにも関わらず、血糖コントロールが良くならない高齢者が問題です。高齢者は罹病期間が長く、インスリン分泌が遅延型で、インスリン分泌量は減少している症例が多い特徴があります。しかし医療サイドでも、「当然インスリンを使用すべきだが高齢だから」とインスリン導入を敬遠しがちです。今回は高齢者のインスリン療法について考えます。

高齢者糖尿病の特徴

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・糖尿病診療・療養指導に役立つ会員向けコンテンツ
  • ・メールマガジン週1回配信 最新ニュースやイベント・学会情報をもれなくキャッチアップ
  • ・糖尿病の治療に関するアンケートに参加可能、回答はメルマガやウェブで公開
=必須項目
半角英数記号8文字以上
当サイト利用規約

医薬品・医療機器・検査機器

糖尿病診療・療養指導で使用される製品を一覧で掲載。情報収集・整理にお役立てください。

一覧はこちら

最新特集記事

よく読まれている記事

関連情報・資料