第28回 高齢者糖尿病診療の特徴と注意点(2)

  • 加藤 光敏 (加藤内科クリニック院長)
2017.10.16
prev next

はじめに

 高齢者の糖尿病治療において何が一番難しいかと言えば、それは不測の低血糖という厄介なものへの対応です。これは網膜症の悪化を招いたり、転倒・骨折、認知症、そして心血管病などいわゆる「老年病」の引き金にもなるので重要です。
 HbA1cが高いから低血糖は来さない、と安心していると足をすくわれます。外来で「いつも血糖測定値が高い時が多いのにHbA1cは優秀ですね!」というやり取り、何かが変だと思われませんか?貧血でHbA1cが低く出ているわけではない症例です。実はこのような例の多くは「無自覚性の夜間低血糖!」を示している可能性が高いということに思いを馳せる必要があります。このことは最近の持続血糖測定器の進歩で明らかになっています。今回は高齢者の糖尿病治療を、不測の低血糖を踏まえての安全面から考えてみたいと思います。

高齢者は低血糖症状を自覚しにくい

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・糖尿病診療・療養指導に役立つ会員向けコンテンツ
  • ・メールマガジン週1回配信 最新ニュースやイベント・学会情報をもれなくキャッチアップ
  • ・糖尿病の治療に関するアンケートに参加可能、回答はメルマガやウェブで公開
=必須項目
半角英数記号8文字以上
当サイト利用規約

医薬品・医療機器・検査機器

糖尿病診療・療養指導で使用される製品を一覧で掲載。情報収集・整理にお役立てください。

一覧はこちら

最新特集記事

よく読まれている記事

関連情報・資料