第6回 GLP-1受容体作動薬

  • 加藤 光敏 (加藤内科クリニック院長)
2012.04.15

GLP-1受容体作動薬「リラグルチドとエキセナチド」

インクレチンについて

 ヒトグルカゴン様ペプチド-1(GLP-1)はインクレチンという消化管ホルモンの一つで食事摂取により小腸下部から分泌されます。GLP-1は血糖依存性のインスリン分泌促進、グルカゴン分泌抑制、食欲抑制、食物の胃からの排出遅延、膵β細胞保護作用などを有しますが、体内ですぐにDPP-4(Dipeptidyl Peptidase-4)によって分解されてしまいます。 そこで 開 発されたの がDPP-4により分解されにくいGLP-1受容体作動薬の注射剤で、現在使用されている製剤は、ヒトGLP-1アナログ(リラグルチド:商品名ビクトーザ)とGLP-1受容体アゴニスト(エキセナチド:商品名バイエッタ)の2種類です。

リラグルチド

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・糖尿病診療・療養指導に役立つ会員向けコンテンツ
  • ・メールマガジン週1回配信 最新ニュースやイベント・学会情報をもれなくキャッチアップ
  • ・糖尿病の治療に関するアンケートに参加可能、回答はメルマガやウェブで公開
=必須項目
半角英数記号8文字以上
当サイト利用規約

医薬品・医療機器・検査機器

糖尿病診療・療養指導で使用される製品を一覧で掲載。情報収集・整理にお役立てください。

一覧はこちら

関連記事

よく読まれている記事

関連情報・資料