糖尿病患者における低強度生活活動の意義

  • 勝川 史憲 (慶應義塾大学 スポーツ医学研究センター所長)
2021.01.15
prev next

食事調査の過小評価

 種々の食事調査は、普段のエネルギー摂取量を平均20~30%も過小評価する。このことは最近広く認識されるようになった。エネルギー必要量(現体重を維持するのに必要なエネルギー摂取量)を評価するのに、食事調査でなく、総エネルギー消費量の測定が用いられるのはこのためである。
 糖尿病患者で、精度の高い測定法(二重標識水法)で総エネルギー消費量を評価した成績は少ない。しかし、日本人の成績はこれまでに3件報告されている。それぞれ、首都圏、滋賀県の糖尿病患者、肥満糖尿病患者であり、(海外の成績も含めて)いずれも血糖正常の対照群と総エネルギー消費量に差を認めない。糖尿病患者のエネルギー摂取量の管理には、血糖正常の健常人のデータを用いることができそうである。

糖尿病患者のエネルギー必要量

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・糖尿病診療・療養指導に役立つ会員向けコンテンツ
  • ・メールマガジン週1回配信 最新ニュースやイベント・学会情報をもれなくキャッチアップ
  • ・糖尿病の治療に関するアンケートに参加可能、回答はメルマガやウェブで公開
=必須項目
半角英数記号8文字以上
当サイト利用規約

糖尿病・内分泌プラクティスWeb 糖尿病・内分泌医療の臨床現場をリードする電子ジャーナル

スポーツとメンタルヘルス関連ホルモン 骨格筋ホルモンの代謝への影響・関連
糖尿病合併高血圧のマネージメント CKD合併高血圧のマネージメント(生活習慣修正・降圧薬治療) 本態性高血圧と血管調節異常、神経調節異常、ナトリウム調節異常 内分泌性二次性高血圧アップデート
肥満の外科治療-減量・代謝改善手術の最新エビデンス- 甲状腺結節の診断・経過観察の最新エビデンス 原発性アルドステロン症治療の最新エビデンス
糖尿病の各薬剤を処方する時に最低限注意するポイント(経口薬) 糖尿病関連デジタルデバイスのエビデンスと使い方 血糖推移をみる際のポイント!~薬剤選択にどう生かすか~ 1型糖尿病の治療選択肢(インスリンポンプや持続血糖測定器など)
タンパク質とアミノ酸の代謝 脂質の代謝 糖代謝の調節機構

医薬品・医療機器・検査機器

糖尿病診療・療養指導で使用される製品を一覧で掲載。情報収集・整理にお役立てください。

一覧はこちら

最新特集記事

よく読まれている記事

関連情報・資料