糖尿病の腎臓を守る管理と指導

  • 田中 逸 (横浜総合病院糖尿病センターセンター長)
2013.04.25
prev next

 糖尿病腎症が新規透析導入原疾患のトップになったのは1998年のことでした。その後、第2位の慢性糸球体腎炎との差が広がり続け、最新の統計(2011年調査)ではついに透析患者数全数でみても糖尿病腎症がトップになりました。当面、糖尿病患者数の増加が続くと予想されますから、糖尿病医療にかかわる私たちがこれまでと同じ管理・指導を続けていたのでは、今後ますます糖尿病透析患者さんが増えてしまうことは明らかです。従来の管理・指導で足りていなかったことを見つけ出し、妥協せずにその改善に力を入れていくことが求められています。

生活療法を主軸とする集学的治療

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・糖尿病診療・療養指導に役立つ会員向けコンテンツ
  • ・メールマガジン週1回配信 最新ニュースやイベント・学会情報をもれなくキャッチアップ
  • ・糖尿病の治療に関するアンケートに参加可能、回答はメルマガやウェブで公開
=必須項目
半角英数記号8文字以上
当サイト利用規約

医薬品・医療機器・検査機器

糖尿病診療・療養指導で使用される製品を一覧で掲載。情報収集・整理にお役立てください。

一覧はこちら

最新特集記事

よく読まれている記事

関連情報・資料