チアゾリジン薬

チアゾリジン薬の特徴

骨格筋および肝臓におけるインスリン抵抗性を改善し、インスリンの相対的な作用を高めて血糖値を下げる。薬剤自体がインスリンの分泌を促すわけではないので、単独使用で低血糖の危険は少ないという特徴がある。

  • インスリン受容体に作用してインスリン抵抗性を改善する。肝で糖産生が抑制され末梢で糖利用が高まる。
  • インスリン抵抗性改善による血糖降下作用を示し、単独での低血糖はほとんどみられないが、低血糖がある薬剤との併用には注意。
  • 副作用として肝機能障害、浮腫、心不全、肝障害、体重増加に注意する。

チアゾリジン薬 一覧表

一般名:ピオグリタゾン

アクトス錠15、30

アクトス錠15

[15mg]

アクトス錠30

[30mg]

製造販売元:武田テバ薬品(株)、販売元:武田薬品工業(株)

効能・効果
糖尿病の診断が確立した患者に対してのみ適用を考慮すること。糖尿病以外にも耐糖能異常・尿糖陽性等、糖尿病類似の症状(腎性糖尿、老人性糖代謝異常、甲状腺機能異常等)を有する疾患があることに留意すること。
用法・用量
2型糖尿病。ただし、下記のいずれかの治療で十分な効果が得られずインスリン抵抗性が推定される場合に限る。
1. 1)食事療法、運動療法のみ、2)食事療法、運動療法に加えてスルホニルウレア剤を使用、3)食事療法、運動療法に加えてα-グルコシダーゼ阻害剤を使用、4)食事療法、運動療法に加えてビグアナイド系薬剤を使用
2.食事療法、運動療法に加えてインスリン製剤を使用
警告・禁忌
【禁忌】(次の患者には投与しないこと)
1.心不全の患者及び心不全の既往歴のある患者[動物試験において循環血漿量の増加に伴う代償性の変化と考えられる心重量の増加がみられており、また、臨床的にも心不全を増悪あるいは発症したとの報告がある]
2.重症ケトーシス、糖尿病性昏睡または前昏睡、1型糖尿病の患者[輸液、インスリンによる速やかな高血糖の是正が必須となる]
3.重篤な肝機能障害のある患者[本剤は主に肝臓で代謝されるため、蓄積するおそれがある]
4.重篤な腎機能障害のある患者
5.重症感染症、手術前後、重篤な外傷のある患者[インスリン注射による血糖管理が望まれるので本剤の投与は適さない]
6.本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
7.妊婦または妊娠している可能性のある婦人(詳細は添付文書を参照)

アクトスOD錠15、30

アクトスOD錠15

[15mg]

アクトスOD錠30

[30mg]

製造販売元:武田テバ薬品(株)、販売元:武田薬品工業(株)

効能・効果
2型糖尿病。ただし、下記のいずれかの治療で十分な効果が得られずインスリン抵抗性が推定される場合に限る。(1) 1)食事療法、運動療法のみ。2)食事療法、運動療法に加えてスルホニルウレア剤を使用。3)食事療法、運動療法に加えてα-グルコシダーゼ阻害剤を使用。4)食事療法、運動療法に加えてビグアナイド系薬剤を使用。(2)食事療法、運動療法に加えてインスリン製剤を使用。
用法・用量
2型糖尿病。ただし、下記のいずれかの治療で十分な効果が得られずインスリン抵抗性が推定される場合に限る。
1. 1)食事療法、運動療法のみ、2)食事療法、運動療法に加えてスルホニルウレア剤を使用、3)食事療法、運動療法に加えてα-グルコシダーゼ阻害剤を使用、4)食事療法、運動療法に加えてビグアナイド系薬剤を使用
2.食事療法、運動療法に加えてインスリン製剤を使用
警告・禁忌
【禁忌】(次の患者には投与しないこと)
1.心不全の患者及び心不全の既往歴のある患者[動物試験において循環血漿量の増加に伴う代償性の変化と考えられる心重量の増加がみられており、また、臨床的にも心不全を増悪あるいは発症したとの報告がある]
2.重症ケトーシス、糖尿病性昏睡または前昏睡、1型糖尿病の患者[輸液、インスリンによる速やかな高血糖の是正が必須となる]
3.重篤な肝機能障害のある患者[本剤は主に肝臓で代謝されるため、蓄積するおそれがある]
4.重篤な腎機能障害のある患者
5.重症感染症、手術前後、重篤な外傷のある患者[インスリン注射による血糖管理が望まれるので本剤の投与は適さない]
6.本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
7.妊婦または妊娠している可能性のある婦人(詳細は添付文書を参照)

患者さん指導・説明用動画(糖尿病3分間ラーニング より)

糖尿病3分間ラーニングとは?

糖尿病患者さんがマスターしておきたい糖尿病の知識を、全50タイトルの動画をテーマ別に約3分にまとめた新しいタイプの糖尿病学習用動画です。

糖尿病治療薬の特徴と服薬指導のポイント 加藤光敏 先生(加藤内科クリニック院長)

チアゾリジン薬に関する最新情報

医薬品・医療機器・検査機器

糖尿病診療・療養指導で使用される製品を一覧で掲載。情報収集・整理にお役立てください。

一覧はこちら

関連記事

よく読まれている記事

関連情報・資料