[京都滋賀つぼみの会サマーキャンプ] 糖尿病QOLの4CとしてのCampをよりよくするために

2022.01.15
prev next
連載:REPORT 子どもたち/AYA世代の糖尿病─活動・実践ダイアリー─
[京都滋賀つぼみの会サマーキャンプ]
糖尿病QOLの4CとしてのCampをよりよくするために
Vol.39 No.1(2022年1・2月号)pp.114-115

2022年1・2月号 目次

松井克之 Matsui, Katsuyuki
●滋賀医科大学 小児科学講座
森 潤 Mori, Jun
●京都府立医科大学 小児科学教室
村田 敬 Murata, Takashi
●京都医療センター 臨床栄養科・糖尿病センター

 「糖尿病治療の3C」として,CGM(continuous glucose monitoring,持続血糖モニター),CSII(continuous subcutaneous insulin infusion,持続皮下インスリン注入療法),Carbohydrate counting(カーボカウント)が知られており,この3Cにより身体的健康,特に血糖コントロールは大きく改善しましたが,次に重要となるのが,精神的な健康,特に生活の質(QOL)です.そのためにはCompanion(仲間)とのConnection(連携)があり,Communication(情報交換)できることが重要になります.子どもたちにとってCamp(キャンプ)は仲間との有意義な経験ができる場です.これら「糖尿病QOLの4C」が今後ますます重要になるものと思われますが,そのなかでCampをいかによりよいものにするかというのは大事な問題です.

このコンテンツは糖尿病リソースガイドの有料会員登録後にお読みいただけます。

  • ・糖尿病・内分泌医療を中心に、新しい時代の臨床現場を支援する糖尿病・内分泌プラクティスWebの閲覧が可能
  • ・糖尿病プラクティス(2020~2022年・3年間分)の記事や、本サイトが厳選したスペシャルコンテンツが閲覧可能
  • ・メールマガジン週1回配信 最新ニュースやイベント・学会情報をもれなくキャッチアップ
  • ・糖尿病の治療に関するアンケートに参加可能、回答はメルマガやウェブで公開
  • ・その他、有料会員向けコンテンツ・サービスを企画中!乞うご期待ください

医薬品・医療機器・検査機器

糖尿病診療・療養指導で使用される製品を一覧で掲載。情報収集・整理にお役立てください。

一覧はこちら

最新特集記事

よく読まれている記事

関連情報・資料