「糖尿病治療ガイド2022-2023」の改訂のポイント

2022.11.01
prev next
連載:糖尿病の療養指導Q&A 「糖尿病治療ガイド2022-2023」の改訂のポイント
「糖尿病治療ガイド2022-2023」の改訂のポイントについて教えてください
Vol.39 No.6(2022年11・12月号)pp.686-688

2022年11・12月号 目次

順天堂大学大学院医学研究科 代謝内分泌内科学
綿田裕孝Watada, Hirotaka

はじめに

 「糖尿病治療ガイド」は1999年に初版が発行され,以降ほぼ2年おきに改訂され,現在まで20年以上にわたって発行されています.本書は基本的には糖尿病を専門としないけれども糖尿病の診療に携わっておられる実地医家の先生方や医療スタッフの方に役立つように,現時点での糖尿病診療を行ううえでの標準コンセプトを示すことを目的としています.したがって,本書では,専門的過ぎる内容に関しては記載していません.さらには,「糖尿病診療ガイドライン」との整合性を重視しつつも,現時点でかならずしもエビデンスが十分でないことについても,診療上必要なことに関しては,わが国の診療実態などを勘案したうえで専門家のコンセンサスとして掲載しています.

このコンテンツは糖尿病リソースガイドの有料会員登録後にお読みいただけます。

  • ・糖尿病・内分泌医療を中心に、新しい時代の臨床現場を支援する糖尿病・内分泌プラクティスWebの閲覧が可能
  • ・糖尿病プラクティス(2020~2022年・3年間分)の記事や、本サイトが厳選したスペシャルコンテンツが閲覧可能
  • ・メールマガジン週1回配信 最新ニュースやイベント・学会情報をもれなくキャッチアップ
  • ・糖尿病の治療に関するアンケートに参加可能、回答はメルマガやウェブで公開
  • ・その他、有料会員向けコンテンツ・サービスを企画中!乞うご期待ください

医薬品・医療機器・検査機器

糖尿病診療・療養指導で使用される製品を一覧で掲載。情報収集・整理にお役立てください。

一覧はこちら

最新特集記事

よく読まれている記事

関連情報・資料