循環器病薬・ベラパミル

2022.09.05
prev next
連載:糖尿病の療養指導Q&A 循環器病薬・ベラパミル
循環器病薬であるベラパミルの1型糖尿病,2型糖尿病に対する影響を,膵β細胞機能保護の視点から教えてください
Vol.39 No.5(2022年9・10月号)pp.571-573

2022年9・10月号 目次

東京歯科大学市川総合病院 内科学講座
徳山博文Tokuyama, Hirobumi
井上博之Inoue, Hiroyuki
坂巻裕介Sakamaki, Yusuke

はじめに

 主要な末期腎不全の原因疾患である糖尿2病性腎症への治療介入として,これまで食事療法,レニン・アンジオテンシン系抑制を中心とした降圧療法,血糖管理など多面的治療が行われてきました.しかし,腎症の進行・新規透析導入を抑制し切れておらず,病勢の進行阻止は喫緊の課題です.糖尿病は今後も全世界的に増加することが予想され,糖尿病発症抑止,および糖尿病早期からの治療介入がますます重要になってくるでしょう.

このコンテンツは有料会員サービスご購入後にお読みいただけます。

  • ・糖尿病プラクティスの記事や、本サイトが厳選したスペシャルコンテンツが閲覧可能
  • ・メールマガジン週1回配信 最新ニュースやイベント・学会情報をもれなくキャッチアップ
  • ・糖尿病の治療に関するアンケートに参加可能、回答はメルマガやウェブで公開
  • ・その他、有料会員向けコンテンツ・サービスを企画中!乞うご期待ください

医薬品・医療機器・検査機器

糖尿病診療・療養指導で使用される製品を一覧で掲載。情報収集・整理にお役立てください。

一覧はこちら

最新特集記事

よく読まれている記事

関連情報・資料