リアルタイム CGM 適正使用指針の改訂

2022.05.15
prev next
連載:糖尿病の療養指導Q&A リアルタイム CGM 適正使用指針の改訂
日本糖尿病学会の「リアルタイムCGM 適正使用指針」が改訂されましたが,改訂の要点と,リアルタイムCGM を用いる際の新たな注意点や利点について教えてください
Vol.39 No.3(2022年5・6月号)pp.344-346

2022年5・6月号 目次

東京慈恵会医科大学 糖尿病・代謝・内分泌内科
大野隆行 ● Ohno, Takayuki
高橋 紘 ● Takahashi, Hiroshi
西村理明 ● Nishimura, Rimei

◆ リアルタイムCGM とは

 持続血糖モニター(continuous glucose monitoring:CGM)は,皮下組織に留置したセンサーで間質液中のグルコース濃度を計測することにより,血糖変動を連続して観察できる機器です(CGM が示す値は間質液のグルコース値から血糖値を推定した値ですが,便宜上本稿では血糖値と呼びます).リアルタイムCGM(real time CGM:rtCGM)は患者が自己管理用に使用するCGM で,常時モニタリング機器の画面に血糖値と血糖変動を表すグラフ,および血糖上昇や低下のトレンドを表す矢印が表示されます.

このコンテンツは有料会員サービスご購入後にお読みいただけます。

  • ・糖尿病プラクティスの記事や、本サイトが厳選したスペシャルコンテンツが閲覧可能
  • ・メールマガジン週1回配信 最新ニュースやイベント・学会情報をもれなくキャッチアップ
  • ・糖尿病の治療に関するアンケートに参加可能、回答はメルマガやウェブで公開
  • ・その他、有料会員向けコンテンツ・サービスを企画中!乞うご期待ください

医薬品・医療機器・検査機器

糖尿病診療・療養指導で使用される製品を一覧で掲載。情報収集・整理にお役立てください。

一覧はこちら

最新特集記事

よく読まれている記事

関連情報・資料