メトホルミン単剤投与でコントロール不十分な2型糖尿病患者における経口セマグルチドとエンパグリフロジンの比較:PIONEER2試験

2020.09.15
prev next
連載:OVERSEAS
メトホルミン単剤投与でコントロール不十分な2型糖尿病患者における経口セマグルチドとエンパグリフロジンの比較:PIONEER2試験
Vol.37 No.5(2020年9・10月号)pp.597-601

Rodbard, H. W., Rosenstock, J. et al. : Oral Semaglutide Versus Empagliflozin in Patients With Type 2 Diabetes Uncontrolled on Metformin : The PIONEER 2 Trial. Diabetes Care, 42 : 2272〜2281, 2019.
“Copyright © 2019 American Diabetes Association From Diabetes Care®, Vol. 42, 2019 ; 2272-2281 Reprinted with permission from The American Diabetes Association.”

訳と紹介
小玉 賢美 Kodama, Yoshimi  横溝 久 Yokomizo, Hisashi
小川 佳宏 Ogawa, Yoshihiro
九州大学大学院医学研究院 病態制御内科学分野

背景

 2型糖尿病患者の多くは,メトホルミン単剤では十分な血糖コントロールを達成または維持することは困難である.注射剤のGLP-1受容体作動薬およびSGLT2阻害薬は,低血糖を増加させずに血糖値を低下させ,体重減少効果,および心血管系への有益性から,第2の治療法として推奨されている.

このコンテンツは有料会員サービスご購入後にお読みいただけます。

  • ・糖尿病プラクティスの記事や、本サイトが厳選したスペシャルコンテンツが閲覧可能
  • ・メールマガジン週1回配信 最新ニュースやイベント・学会情報をもれなくキャッチアップ
  • ・糖尿病の治療に関するアンケートに参加可能、回答はメルマガやウェブで公開
  • ・その他、有料会員向けコンテンツ・サービスを企画中!乞うご期待ください

医薬品・医療機器・検査機器

糖尿病診療・療養指導で使用される製品を一覧で掲載。情報収集・整理にお役立てください。

一覧はこちら

最新特集記事

よく読まれている記事

関連情報・資料