4.最近のインスリン注入デバイスの進歩と今後の動向

2021.05.15
prev next
特集■インスリン:新たな百年紀へ─最近の製剤の進歩を含めて─
4.最近のインスリン注入デバイスの進歩と今後の動向
Vol.38 No.3(2021年5・6月号)pp.312-318

2021年5・6月号 目次

髙橋 紘 Takahashi, Hiroshi  西村 理明 Nishimura, Rimei
東京慈恵会医科大学内科学講座 糖尿病・代謝・内分泌内科

はじめに

 糖尿病治療におけるインスリン療法では,一般的にペン型インスリン注入デバイスを使用することが多い.しかし,現時点で使用可能なペン型インスリン注入デバイスは,インスリンの単位数および投与時間を正確に記録する機能が搭載されておらず,したがって残存インスリン量(投与後に作用を失っておらず体内に効果が残っているインスリン量)を認識することはできない.そのため,インスリンを打ち忘れたり,適切なインスリン単位数が投与されないなどの理由により,血糖コントロールが改善しないことがありえる.

このコンテンツは有料会員サービスご購入後にお読みいただけます。

  • ・糖尿病プラクティスの記事や、本サイトが厳選したスペシャルコンテンツが閲覧可能
  • ・メールマガジン週1回配信 最新ニュースやイベント・学会情報をもれなくキャッチアップ
  • ・糖尿病の治療に関するアンケートに参加可能、回答はメルマガやウェブで公開
  • ・その他、有料会員向けコンテンツ・サービスを企画中!乞うご期待ください

医薬品・医療機器・検査機器

糖尿病診療・療養指導で使用される製品を一覧で掲載。情報収集・整理にお役立てください。

一覧はこちら

最新特集記事

よく読まれている記事

関連情報・資料