4. 糖尿病と尿路・性器感染症 ─SGLT2阻害薬使用時の注意点を含めて

2021.01.15
特集■糖尿病と感染症―新型コロナウイルスの時代を生き抜く―
4. 糖尿病と尿路・性器感染症─SGLT2阻害薬使用時の注意点を含めて
Vol.38 No.1(2021年1・2月号)pp.53-58

2021年1・2号 目次

小内 友紀子 Kouchi, Yukiko
ときわ会常磐病院 泌尿器科

1.尿路・性器感染症の概要と疫学

 (全身の図)に示したように,尿路感染症は上部尿路(腎臓,尿管)と下部尿路(膀胱,尿道,男性の場合は前立腺を含む)の感染症に大別される.性器感染症としては女性では膣や外陰部,男性では陰茎や精巣,精巣上体の感染症となる.また,厳密には尿路・性器感染症ではないが,ほかに気をつけなくてはならないのはフルニエ壊疽という,主に陰部の皮下組織に起きる感染症がある.こちらは短期間で重篤な感染症をきたし,致命的になることもあるので,早期に発見して治療することが大事である.

このコンテンツは有料会員サービスご購入後にお読みいただけます。

  • ・糖尿病プラクティスの記事や、本サイトが厳選したスペシャルコンテンツが閲覧可能
  • ・メールマガジン週1回配信 最新ニュースやイベント・学会情報をもれなくキャッチアップ
  • ・糖尿病の治療に関するアンケートに参加可能、回答はメルマガやウェブで公開
  • ・その他、有料会員向けコンテンツ・サービスを企画中!乞うご期待ください

医薬品・医療機器・検査機器

糖尿病診療・療養指導で使用される製品を一覧で掲載。情報収集・整理にお役立てください。

一覧はこちら

関連記事

よく読まれている記事

関連情報・資料