1.「高齢者糖尿病治療ガイド 2021」の特徴と基本的な考えかた

2022.01.15
prev next
特集■高齢者糖尿病診療 Update
─「高齢者糖尿病治療ガイド 2021」を読み解く─
1.「高齢者糖尿病治療ガイド 2021」の特徴と基本的な考えかた
Vol.39 No.1(2022年1・2月号)pp.014-019

2022年1・2月号 目次

荒木 厚 Araki, Atsushi
東京都健康長寿医療センター 糖尿病・代謝・内分泌内科

はじめに

 人口の高齢化とともに高齢糖尿病患者が増加し,低血糖によるさまざまな悪影響や認知症,フレイル・サルコペニアなどの老年症候群の合併が大きな問題となっている.わが国では,2015年に日本糖尿病学会と日本老年医学会の合同委員会が設置され,2016年に「高齢者糖尿病の血糖コントロール目標(HbA1c値)」が発表され,2017年に「高齢者糖尿病の診療ガイドライン 2017」,2018年に一般医向けの「高齢者糖尿病治療ガイド 2018」が刊行された.その後,糖尿病と認知症,フレイル・サルコペニアに関するエビデンスの集積,高齢者の血糖管理目標設定のカテゴリー分類を行うためのDASC-8の開発,食事療法のエネルギー量設定のための「目標体重」の導入,SGLT2阻害薬などの新規薬剤の追加などさまざまな進歩があり,2021年,「高齢者糖尿病治療ガイド 2021」として改訂が行われた.
 本稿ではこの「高齢者糖尿病治療ガイド 2021」において,改訂された内容の背景にある基本的な考えかたについて,私見を交えて解説する.

このコンテンツは有料会員サービスご購入後にお読みいただけます。

  • ・糖尿病プラクティスの記事や、本サイトが厳選したスペシャルコンテンツが閲覧可能
  • ・メールマガジン週1回配信 最新ニュースやイベント・学会情報をもれなくキャッチアップ
  • ・糖尿病の治療に関するアンケートに参加可能、回答はメルマガやウェブで公開
  • ・その他、有料会員向けコンテンツ・サービスを企画中!乞うご期待ください

医薬品・医療機器・検査機器

糖尿病診療・療養指導で使用される製品を一覧で掲載。情報収集・整理にお役立てください。

一覧はこちら

最新特集記事

よく読まれている記事

関連情報・資料