2.高齢者糖尿病の総合機能評価 ─高齢者に適した運動療法を含めて

2022.01.15
prev next
特集■高齢者糖尿病診療 Update
─「高齢者糖尿病治療ガイド 2021」を読み解く─
2.高齢者糖尿病の総合機能評価 ─高齢者に適した運動療法を含めて
Vol.39 No.1(2022年1・2月号)pp.020-025

2022年1・2月号 目次

田村嘉章 Tamura, Yoshiaki
東京都健康長寿医療センター 糖尿病・代謝・内分泌内科

はじめに

 高齢者糖尿病においては,認知機能障害,フレイル・サルコペニア,転倒・骨折,うつ,低栄養,ポリファーマシーといったさまざまな老年症候群を併発するリスクが高い.一方でこのような病態や社会サポート不足は糖尿病の療養を困難とする要素であり,要介護や死亡のリスクを高める.したがって,高齢糖尿病患者において,これら身体機能,認知機能,心理,栄養状態,薬剤,社会サポートの状況を評価する高齢者総合機能評価(CGA)を行うことはきわめて重要である.
 CGAは今回の高齢者糖尿病治療ガイドの改訂で2倍近く頁数が増えた部分である 1).特にフレイル・サルコペニアの評価が詳述されていること,また新しいCGAの評価法としてDASC-8が取り上げられていることが特徴であり,これらを中心に述べたい.
 また本稿では「高齢者糖尿病治療ガイド 2021(以下ガイド)」6章の,「高齢者糖尿病の運動療法」についてもそのエッセンスを述べる.

このコンテンツは有料会員サービスご購入後にお読みいただけます。

  • ・糖尿病プラクティスの記事や、本サイトが厳選したスペシャルコンテンツが閲覧可能
  • ・メールマガジン週1回配信 最新ニュースやイベント・学会情報をもれなくキャッチアップ
  • ・糖尿病の治療に関するアンケートに参加可能、回答はメルマガやウェブで公開
  • ・その他、有料会員向けコンテンツ・サービスを企画中!乞うご期待ください

医薬品・医療機器・検査機器

糖尿病診療・療養指導で使用される製品を一覧で掲載。情報収集・整理にお役立てください。

一覧はこちら

最新特集記事

よく読まれている記事

関連情報・資料