3.診療科間連携,多職種連携のシステム構築:その理念と具体像─総論

2021.07.15
特集■糖尿病網膜症診療 Update
─最新の知見からチーム医療の現状まで─
3.診療科間連携,多職種連携のシステム構築:その理念と具体像─総論
Vol.38 No.4(2021年7・8月号)pp.418-422

2021年7・8月号 目次

蒔田 潤 Makita, Jun
埼玉医科大学病院 眼科

はじめに

 糖尿病網膜症は持続する高血糖により網膜内毛細血管の周皮細胞が最初に障害を受けて消失し1),以後かなりの長期間を経て徐々に進行する.視覚の異常を自覚しないことは糖尿病患者が眼科受診を必要とする最大の理由であり,また糖尿病患者における受診必要性の認識を低下させてもいる.そして啓発と硝子体手術の進歩がもたらされるまで長きにわたってわが国の中途失明原因疾患第1 位であり続けた.

このコンテンツは有料会員サービスご購入後にお読みいただけます。

  • ・糖尿病プラクティスの記事や、本サイトが厳選したスペシャルコンテンツが閲覧可能
  • ・メールマガジン週1回配信 最新ニュースやイベント・学会情報をもれなくキャッチアップ
  • ・糖尿病の治療に関するアンケートに参加可能、回答はメルマガやウェブで公開
  • ・その他、有料会員向けコンテンツ・サービスを企画中!乞うご期待ください

医薬品・医療機器・検査機器

糖尿病診療・療養指導で使用される製品を一覧で掲載。情報収集・整理にお役立てください。

一覧はこちら

関連記事

よく読まれている記事

関連情報・資料