1.最新の糖尿病網膜症治療─新たな分子標的薬の開発を含めて

2021.07.15
特集■糖尿病網膜症診療 Update
─最新の知見からチーム医療の現状まで─
1.最新の糖尿病網膜症治療─新たな分子標的薬の開発を含めて
Vol.38 No.4(2021年7・8月号)pp.406-410

2021年7・8月号 目次

小沢 洋子 Ozawa, Yoko
聖路加国際大学/聖路加国際病院 眼科

はじめに

 糖尿病網膜症()は,神経障害・腎症とともに糖尿病三大合併症のひとつである.線維血管膜の増殖を伴う増殖網膜症(proliferative diabetic retinopathy〔PDR〕)に対しては硝子体手術を行い,失明を予防することの重要性はいまでも変わりはない.さらに,最近では糖尿病黄斑浮腫に対する薬物治療が盛んに行われるようになった.これは視力改善を目標にできる治療であり,quality of life を形成するquality of visionの改善に役立つ.そして,いま,糖尿病に伴う網膜神経細胞の変性に対する治療の可能性が話題となり始めている.

このコンテンツは有料会員サービスご購入後にお読みいただけます。

  • ・糖尿病プラクティスの記事や、本サイトが厳選したスペシャルコンテンツが閲覧可能
  • ・メールマガジン週1回配信 最新ニュースやイベント・学会情報をもれなくキャッチアップ
  • ・糖尿病の治療に関するアンケートに参加可能、回答はメルマガやウェブで公開
  • ・その他、有料会員向けコンテンツ・サービスを企画中!乞うご期待ください

医薬品・医療機器・検査機器

糖尿病診療・療養指導で使用される製品を一覧で掲載。情報収集・整理にお役立てください。

一覧はこちら

関連記事

よく読まれている記事

関連情報・資料