“血糖(グルコース値)の見える化”を活用した栄養指導(2)

2020.03.15
連載:FORUM  食事 ■DIET 第2回
“血糖(グルコース値)の見える化”を活用した栄養指導(2)
Vol.37 No.2(2020年3・4月号)pp.203-206

石田 千香子 Ishida, Chikako
下北沢病院 栄養科

はじめに

 糖尿病足病変に関して「糖尿病診療ガイドライン2019」では,糖尿病患者を3年間追跡した報告によると,足潰瘍の発生はHbA1c1%増加で1.1倍高率であり,血糖コントロールは足病変の発症や切断予防に有効で,さまざまな専門医や多職種からなるチーム医療が重要であるとされている1).その反面,足病変を有する糖尿病患者は血糖変動が激しく低血糖予防が困難であり,また栄養指導や療養指導への拒否が強いと考えられ,栄養指導にも難渋する症例が多い.

このコンテンツは有料会員サービスご購入後にお読みいただけます。

  • ・糖尿病プラクティスの記事や、本サイトが厳選したスペシャルコンテンツが閲覧可能
  • ・メールマガジン週1回配信 最新ニュースやイベント・学会情報をもれなくキャッチアップ
  • ・糖尿病の治療に関するアンケートに参加可能、回答はメルマガやウェブで公開
  • ・その他、有料会員向けコンテンツ・サービスを企画中!乞うご期待ください

医薬品・医療機器・検査機器

関連記事

直近1週間のアクセスランキング