“血糖(グルコース値)の見える化”を活用した栄養指導(1)

2020.01.15
連載:FORUM 食事 ■DIET 第1回
“血糖(グルコース値)の見える化”を活用した栄養指導(1)
Vol.37 No.1(2020年1・2月号)pp.63-66

石田 千香子 Ishida, Chikako
下北沢病院 栄養科

はじめに

 糖尿病患者であればだれでも,血糖コントロールを良好に保ち合併症のリスクを軽減したいと望んでいる.良好な血糖コントロールのためには,「点」ではなく「線」での血糖トレンドとして“血糖の見える化”を行い,医療者と患者の両者が確認と分析をすることは重要である.“見える化”により患者は食事や運動,薬物アドヒアランスを振り返り,問題点を明確化して医療者のアドバイスを参考に,今後の自己管理をどうすべきか考えるきっかけとなる.

このコンテンツは有料会員サービスご購入後にお読みいただけます。

  • ・糖尿病プラクティスの記事や、本サイトが厳選したスペシャルコンテンツが閲覧可能
  • ・メールマガジン週1回配信 最新ニュースやイベント・学会情報をもれなくキャッチアップ
  • ・糖尿病の治療に関するアンケートに参加可能、回答はメルマガやウェブで公開
  • ・その他、有料会員向けコンテンツ・サービスを企画中!乞うご期待ください

医薬品・医療機器・検査機器

関連記事

直近1週間のアクセスランキング