GLP-1受容体作動薬の悪心・嘔吐

2021.09.15
prev next
連載:FORUM 薬剤 ■DRUG 第2回
GLP-1受容体作動薬の悪心・嘔吐
Vol.38 No.5(2021年9・10月号)pp.579-582

2021年9・10月号 目次

塩見めぐみ Shiomi, Megumi
北里大学薬学部
北里大学メディカルセンター薬剤部

はじめに

 glucagon-like peptide-1(GLP-1)受容体作動薬の安全性と有効性は確立されており,2型糖尿病の治療に広く使用されているが 1),主な有害事象として悪心・嘔吐・下痢・便秘などの胃腸障害がある.国内臨床試験においても,胃腸障害は,リラグルチド 24.3%2),リキシセナチド 51.3%3),デュラグルチド 21.0%4),経口セマグルチド 25.4%5)といった頻度で報告されている.さらに胃腸障害のなかでも,特に悪心・嘔吐は,GLP-1 受容体作動薬の治療を中止する頻度の高い有害事象として報告されている6).本稿では,GLP-1受容体作動薬の有害事象として,悪心・嘔吐の発現機序,報告されている影響因子について紹介する.

このコンテンツは糖尿病リソースガイドの有料会員登録後にお読みいただけます。

  • ・糖尿病・内分泌医療を中心に、新しい時代の臨床現場を支援する糖尿病・内分泌プラクティスWebの閲覧が可能
  • ・糖尿病プラクティス(2020~2022年・3年間分)の記事や、本サイトが厳選したスペシャルコンテンツが閲覧可能
  • ・メールマガジン週1回配信 最新ニュースやイベント・学会情報をもれなくキャッチアップ
  • ・糖尿病の治療に関するアンケートに参加可能、回答はメルマガやウェブで公開
  • ・その他、有料会員向けコンテンツ・サービスを企画中!乞うご期待ください

医薬品・医療機器・検査機器

糖尿病診療・療養指導で使用される製品を一覧で掲載。情報収集・整理にお役立てください。

一覧はこちら

最新特集記事

よく読まれている記事

関連情報・資料