歯周病と糖尿病の相互関係

2022.07.10
next
連載:FORUM 合併症Ⅰ ■ COMPLICATIONⅠ―歯周病― 第1回
歯周病と糖尿病の相互関係
Vol.39 No.4(2022年7・8月号)pp.426-429

2022年7・8月号 目次

新城尊徳 Shinjo, Takanori
九州大学大学院歯学研究院 口腔機能修復学講座 歯周病学分野

はじめに

 歯周病は,歯周病原細菌感染に伴う炎症によって歯をささえる骨(歯槽骨)や歯ぐき(歯肉)といった歯周組織が破壊され,結果として歯の動揺や喪失をきたす口腔感染性疾患である(図1).糖尿病患者では,歯周病の罹患率は非糖尿病者よりも高く,重症化しやすいことが広く知られているが,その一方で重症化した歯周病は血糖コントロールやほかの糖尿病合併症に悪影響をもたらすことも,多くの臨床研究より明らかとなってきている.本連載では,このように結びつきが強いとされる歯周病と糖尿病の相互関係について,「糖尿病→歯周病」「歯周病→糖尿病」「歯周病→糖尿病のメカニズム」の3回にわたって概説する.

このコンテンツは糖尿病リソースガイドの有料会員登録後にお読みいただけます。

  • ・糖尿病・内分泌医療を中心に、新しい時代の臨床現場を支援する糖尿病・内分泌プラクティスWebの閲覧が可能
  • ・糖尿病プラクティス(2020~2022年・3年間分)の記事や、本サイトが厳選したスペシャルコンテンツが閲覧可能
  • ・メールマガジン週1回配信 最新ニュースやイベント・学会情報をもれなくキャッチアップ
  • ・糖尿病の治療に関するアンケートに参加可能、回答はメルマガやウェブで公開
  • ・その他、有料会員向けコンテンツ・サービスを企画中!乞うご期待ください

医薬品・医療機器・検査機器

糖尿病診療・療養指導で使用される製品を一覧で掲載。情報収集・整理にお役立てください。

一覧はこちら

最新特集記事

よく読まれている記事

関連情報・資料