2型糖尿病患者の胃運動

2021.09.15
prev next
連載:FORUM 合併症Ⅰ■COMPLICATIONⅠ─胃麻痺─ 第2回
2型糖尿病患者の胃運動
Vol.38 No.5(2021年9・10月号)pp.572-574

2021年9・10月号 目次

菅沼 由美 Suganuma, Yumi
秋田大学大学院医学系研究科 代謝・内分泌内科学講座

はじめに

 胃の弛緩は迷走神経によって調節され,糖尿病の長きにわたる経過により機能異常を示し,糖尿病胃腸症を引き起こす.前回(38巻4号)は糖尿病と胃を中心とした消化管運動との関連について説明した.糖尿病患者の場合,胃排出遅延と消化器症状の程度は一致しておらず,胃排出遅延しても消化器症状の程度は軽度の場合もあると報告されている1).今回はわれわれが行った研究を基に,2型糖尿病患者の胃運動を中心に解説していきたい.

このコンテンツは有料会員サービスご購入後にお読みいただけます。

  • ・糖尿病プラクティスの記事や、本サイトが厳選したスペシャルコンテンツが閲覧可能
  • ・メールマガジン週1回配信 最新ニュースやイベント・学会情報をもれなくキャッチアップ
  • ・糖尿病の治療に関するアンケートに参加可能、回答はメルマガやウェブで公開
  • ・その他、有料会員向けコンテンツ・サービスを企画中!乞うご期待ください

医薬品・医療機器・検査機器

糖尿病診療・療養指導で使用される製品を一覧で掲載。情報収集・整理にお役立てください。

一覧はこちら

最新特集記事

よく読まれている記事

関連情報・資料