運動療法の基本と実践 ─その原則とコツ─

2022.01.15
prev next
連載:FORUM 運動 ■EXERCISE 第1回 運動療法の基本と実践 ─その原則とコツ─ Vol.39 No.1(2022年1・2月号)pp.075-076

2022年1・2月号 目次

松田拓朗 Matsuda, Takuro
福岡大学病院 リハビリテーション部

身体活動パンデミック

 近年における著しい文明の発達(移動手段やIT)に伴い身体を動かす機会が減少・搾取され,必要最小限の身体活動でも生活できる時代へと変化を遂げている.また,COVID-19の世界的大流行に伴い人々の社会的活動が大きく制限され,「身体活動」がより急速に拡大した.この「身体活動」もまた世界的大流行といえる状態である.
 世界の女性の3人に1人,男性の4人に1人がWHOの掲げる運動習慣を満たしておらず,運動不足が原因で2型糖尿病,心大血管疾患,認知症,一部のがんなどに罹患しやすい状態であると報告されている 1).Katzmarzykらによると,1日の座位時間(不活動時間)が長い人ほど累積生存率が低下することを報告している 2).Standards of Medical Care in Diabetes−2021において推奨される身体活動としては,「連続する不活動時間を減少させることが重要であり,少なくとも30分ごとに座っている状態を中断することが必要である」という内容が記載されている 3).このように,身体活動は多大なる悪影響を身体に及ぼすことが理解できる.

このコンテンツは糖尿病リソースガイドの有料会員登録後にお読みいただけます。

  • ・糖尿病・内分泌医療を中心に、新しい時代の臨床現場を支援する糖尿病・内分泌プラクティスWebの閲覧が可能
  • ・糖尿病プラクティス(2020~2022年・3年間分)の記事や、本サイトが厳選したスペシャルコンテンツが閲覧可能
  • ・メールマガジン週1回配信 最新ニュースやイベント・学会情報をもれなくキャッチアップ
  • ・糖尿病の治療に関するアンケートに参加可能、回答はメルマガやウェブで公開
  • ・その他、有料会員向けコンテンツ・サービスを企画中!乞うご期待ください

医薬品・医療機器・検査機器

糖尿病診療・療養指導で使用される製品を一覧で掲載。情報収集・整理にお役立てください。

一覧はこちら

最新特集記事

よく読まれている記事

関連情報・資料