古くて新しいホルモンであるグルカゴンの温故知新について考える

2022.01.15
prev next
連載:FORUM 病因と診断 ■PATHOGENESIS&DIAGNOSIS 第1回
古くて新しいホルモンであるグルカゴンの温故知新について考える
Vol.39 No.1(2022年1・2月号)pp.057-059

2022年1・2月号 目次

藤本 啓* 1 Fujimoto, Kei
西村理明* 2 Nishimura, Rimei
* 1 東京慈恵会医科大学附属第三病院 糖尿病・代謝・内分泌内科
* 2 東京慈恵会医科大学 糖尿病・代謝・内分泌内科

グルカゴンの歴史

 1921年にBantingとBestは膵全摘した1型糖尿病モデル犬(マージョリー)に対して,酸エタノール法を用いて膵臓からの抽出物を静脈内投与すると血糖値が低下することを見出した.これがインスリン発見の契機となり,翌年には1型糖尿病患者の治療に成功した.こうしたインスリン発見の物語は有名であるが,グルカゴン発見の物語はあまり知られていない.1923年にKimballとMurlinは,同じく膵臓からの抽出物に糖新生を誘導する物質が含まれていることを発見しグルカゴンと命名した 1).グルカゴンという言葉は,「the mobilizer of glucose」から由来する(図1).

このコンテンツは有料会員サービスご購入後にお読みいただけます。

  • ・糖尿病プラクティスの記事や、本サイトが厳選したスペシャルコンテンツが閲覧可能
  • ・メールマガジン週1回配信 最新ニュースやイベント・学会情報をもれなくキャッチアップ
  • ・糖尿病の治療に関するアンケートに参加可能、回答はメルマガやウェブで公開
  • ・その他、有料会員向けコンテンツ・サービスを企画中!乞うご期待ください

医薬品・医療機器・検査機器

糖尿病診療・療養指導で使用される製品を一覧で掲載。情報収集・整理にお役立てください。

一覧はこちら

最新特集記事

よく読まれている記事

関連情報・資料