第24回 GLP-1受容体作動薬(2)

  • 加藤 光敏 (加藤内科クリニック院長)
2016.10.17

はじめに

 GLP-1受容体作動薬は、食物胃排出遅延、中枢性食欲抑制等による血糖改善および減量効果が期待されています(文献1)。これは注射薬ですが、他にもインスリン、骨粗鬆症治療薬、脂質異常症治療薬(PCSK9阻害薬)等、注射製剤はより一般化しています。今回はGLP-1受容体作動薬のうち長時間作用型(Long Acting)を取り上げます。

長時間作用型GLP-1受容体作動薬

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・糖尿病診療・療養指導に役立つ会員向けコンテンツ
  • ・メールマガジン週1回配信 最新ニュースやイベント・学会情報をもれなくキャッチアップ
  • ・糖尿病の治療に関するアンケートに参加可能、回答はメルマガやウェブで公開
=必須項目
半角英数記号8文字以上
当サイト利用規約

医薬品・医療機器・検査機器

糖尿病診療・療養指導で使用される製品を一覧で掲載。情報収集・整理にお役立てください。

一覧はこちら

関連記事

よく読まれている記事

関連情報・資料