患者高齢化時代において連続血糖モニターとSMBGを考える

  • 池田 義雄 (糖尿病治療研究会名誉顧問)
2018.01.15

糖尿病患者が1,000万人。増えた患者の大半は高齢者

 最近の糖尿病領域のトピックスの一つとして、推計患者数が1,000万人の大台に乗ったという「平成28年 国民健康・栄養調査」のニュースが挙げられます。同調査で初めて推計患者数が公表された平成9年は690万人でしたから、約20年で1.45倍に増えたことになります。このデータをもう少し細かく、年齢層別にみた場合、増加の主体は高齢者であることがわかります。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・糖尿病診療・療養指導に役立つ会員向けコンテンツ
  • ・メールマガジン週1回配信 最新ニュースやイベント・学会情報をもれなくキャッチアップ
  • ・糖尿病の治療に関するアンケートに参加可能、回答はメルマガやウェブで公開
=必須項目
半角英数記号8文字以上
当サイト利用規約

医薬品・医療機器・検査機器

糖尿病診療・療養指導で使用される製品を一覧で掲載。情報収集・整理にお役立てください。

一覧はこちら

最新特集記事

よく読まれている記事

関連情報・資料