第62回 糖尿病性腎臓病(前編)

2022.09.05
prev next
連載:SERIES 糖尿病と保険診療
第62回 糖尿病性腎臓病(前編)
Vol.39 No.5(2022年9・10月号)pp.559-565

2022年9・10月号 目次

伊勢原駅前クリニック/奥田外科・胃腸科クリニック
中島 尚登 Nakajima, Hisato
野口 美有紀 Noguchi, Miyuki

 糖尿病領域において腎障害は究極のテーマであり,典型的な糖尿病性腎症は,初期にはアルブミン尿を認めないが,徐々に微量アルブミン尿が出現し,その後顕性アルブミン尿を経て,急速な腎機能低下による末期腎不全に至る病態である.また糖尿病性腎症は透析導入原疾患の第1位であるため,本誌39巻2号では,「糖尿病性腎臓病:守りから攻めへ─ネフロン回復への号砲が鳴る─」をテーマとした特集で,表1に示す著者らの解説を掲載した 1〜7).よって今回は,この特集に従い,前編として特別寄稿および1.〜4.の病態生理と薬物療法について,後編として5.ならびに6.の透析医療,移植医療および食事療法について,保険診療との関わりを概説する.

このコンテンツは有料会員サービスご購入後にお読みいただけます。

  • ・糖尿病プラクティスの記事や、本サイトが厳選したスペシャルコンテンツが閲覧可能
  • ・メールマガジン週1回配信 最新ニュースやイベント・学会情報をもれなくキャッチアップ
  • ・糖尿病の治療に関するアンケートに参加可能、回答はメルマガやウェブで公開
  • ・その他、有料会員向けコンテンツ・サービスを企画中!乞うご期待ください

医薬品・医療機器・検査機器

糖尿病診療・療養指導で使用される製品を一覧で掲載。情報収集・整理にお役立てください。

一覧はこちら

最新特集記事

よく読まれている記事

関連情報・資料