[山形県小児糖尿病サマーキャンプ]日常生活で役立つ糖尿病サマーキャンプを目指して

2021.03.15
連載:REPORT 子どもたち/AYA世代の糖尿病─活動・実践ダイアリー─
[山形県小児糖尿病サマーキャンプ]日常生活で役立つ糖尿病サマーキャンプを目指して
Vol.38 No.2(2021年3・4月号)pp.260-261

大通 尚 Daitsu, Takashi ●馬見ヶ崎こどもクリニック

 山形小児糖尿病サマーキャンプ(写真1)は,患者会「蔵王かえでの会」を中心に,2001 年に始まりました.活動内容としては,毎年テーマを設定し,外部講師による勉強会やキャンパー同士で話し合って意見をまとめるワークショップ,専門の講師を招聘して行うアイスブレイキング,TOOTH FAIRY プロジェクトによる歯科医師の講義と歯科健診,エコキャップ運動・募金活動・清掃活動などのボランティア活動,キャンパーからボランティアへお礼状,そしてトランジションをふまえた内科医の参加,などが挙げられます.最近は,キャンパーが幼稚園・保育園・学校で重要な関わりをもつ担任や養護の先生に対する見学案内にも取り組んでいます.

このコンテンツは有料会員サービスご購入後にお読みいただけます。

  • ・糖尿病プラクティスの記事や、本サイトが厳選したスペシャルコンテンツが閲覧可能
  • ・メールマガジン週1回配信 最新ニュースやイベント・学会情報をもれなくキャッチアップ
  • ・糖尿病の治療に関するアンケートに参加可能、回答はメルマガやウェブで公開
  • ・その他、有料会員向けコンテンツ・サービスを企画中!乞うご期待ください

医薬品・医療機器・検査機器

糖尿病診療・療養指導で使用される製品を一覧で掲載。情報収集・整理にお役立てください。

一覧はこちら

関連記事

よく読まれている記事

関連情報・資料